秋は体臭が臭い!原因は皮膚ガス?対策方法は…世界一受けたい授業

秋は体臭が臭くなりやすい季節です。

その原因は「皮膚ガス」。

夏にたまった疲労が原因で、秋は体からクサイにおいが出やすい季節なのです。

秋に出やすい体臭・皮膚ガスの対策方法は…?

スポンサーリンク

参考:2017年9月23日放送「世界一受けたい授業」
解説:東海大学 関根嘉香 先生

秋に出やすい皮膚ガスとは

皮膚ガスとは、オナラなどと同類のもので、ヒトの体から出る生体ガスの一種です。

私たちの体の表面からは、なんど300種類以上のガスが放出されているのです…!

皮膚ガスはその300種類のガスの総称で、子供からお年寄りまで、誰の体からも出ています。


でも安心してください。

通常の皮膚ガスは、ほとんどにおうことはありません


ですが、睡眠不足や疲労などによって体調を崩していると、全身から嫌なにおいのするガスが出てしまいます。

逆に言うと、この皮膚ガスによって今の体の健康状態を知ることができる、というわけです。

お風呂でしっかり体を洗っていても、家族から「クサイ」と言われたりするということは、何らかの体調不良や病気を持っている可能性があると言いますから、体臭について何か言われたら要注意です…!

睡眠不足・疲労・イライラで尿のにおいが出る!

私たちの体は、睡眠不足の時や疲労がたまっている時、そしてストレスを感じている時には、「尿のようなにおい」を発しています。

その原因は、疲労やストレスによって肝臓の機能が低下し、本来肝臓を通って尿として排出されるべきはずのアンモニアが血液中で増えてしまい、アンモニア臭のする皮膚ガスを放出してしまうためです。

皮脂が分解されて出るのはカメムシのにおい!?

体の皮脂が分解されると、2-ヘキセナールというにおい成分が放出されます。

2-ヘキセナールは、なんとあのクサイクサイカメムシのニオイ成分と同じだといいますから、放っておくわけにはいきませんね。

食用油を放置していると、だんだん色が茶色に変色していき、においを発するようになりますが、それと似たような現象が皮膚の中で起きている…というわけです。

加齢臭は30代女性でもまとっていることがある!

番組ゲストのグラビアアイドル・葉加瀬マイさん(30歳)の体臭検査をしたところ、高濃度の加齢臭成分が検出されました。

葉加瀬マイさんからは、前出の2-ヘキセナールの他に、ペラルゴン酸という加齢臭成分のひとつが検出されました。

加齢臭・ベラルゴン酸の成分濃度は、一般的な30代女性の約10倍、50代男性の2.5倍ものクサさでした。

葉加瀬さん、セクシーポーズ取ってる場合じゃないですね…。

でも葉加瀬マイさんに限らず、みんな忙しい毎日…、どうやったらそんなクサい皮膚ガスを出さないようにすることができるのでしょうか?

スポンサーリンク

自分はクサイ!?皮膚ガスのセルフチェック項目

体からクサイ皮膚ガスが出ているかどうか確認するための項目があるので、セルフチェックしてみましょう。

□ お酒をよく飲む
□ タバコを吸う
□ 肉や魚を良く食べる
□ 香辛料を好んで使う
□ 汗がベトベトする
□ 心配性・または緊張しやすい
□ 普段あまり運動しない
□ 夜更かしすることが多い
□ 入浴はシャワーで済ますことが多い
□ シンナーが含まれたものをよく使う

※シンナーを使うと、呼吸によってシンナーのガスが体内に取り込まれ、それが皮膚からニオイとなって出ることがあります。

いかがでしたか?

該当する項目が5個以上ある方は要注意! 自分では気が付かない体臭を発し、周りの人が密かに嫌な思いをしているかもしれません…!

クサイ皮膚ガスを改善する対策方法

1.正しい入浴で皮膚の表面のニオイを消す

皮膚から発生するにおいの原因は、汗や皮脂(皮膚のアブラ)によるもの。

これらを原因とするニオイは、加齢臭や汗クサいにおいです。


皮膚表面のにおいは、正しい入浴で改善することができます。

正しい入浴法といっても、方法は簡単。

シャワーだけで済まさず、しっかり湯船に浸かって余分な皮脂を落とすこと。

これだけです。


ただし入浴の際、ナイロンタオルやたわしを使ってゴシゴシ洗いをすると、体臭がより強くなってしまうことがあるので要注意!

ゴシゴシ洗うと、皮膚を保護するために必要な皮脂まで取れてしまいます。

皮脂が取れ過ぎると、足りない皮脂を補うために皮脂腺細胞がフル回転し、よけいに皮脂を分泌してしまうのです。


体を洗う時は、洗顔する時と同様、フワフワの泡で手のひらを使ってやさしく洗うようにしましょう。

2.運動で汗腺からのニオイを消す

血液中を流れているにおい成分は、汗腺を通して、皮膚ガスとなって皮膚の外に出てきます。

汗腺から出るニオイは、お酢のような酸っぱいニオイ


この酸っぱいニオイの対策方法としては、日頃からの運動が効果的です。

酸っぱいニオイ対策のための運動のポイントは、汗をかくまで体を動かすこと。

日頃から汗をかいて、「汗腺を衰えさせない」ことが大切です。

汗腺が衰えて、機能しない汗腺が増えてしまうと、残った一部の汗腺からベトベトした濃い汗が大量に出るようになり、酸っぱいニオイを発生させる原因となります。


おすすめは、朝30分以上のウォーキング。

運動の後は汗を洗い流すのを忘れずに!

※この時はシャワーでOKです。

3.シジミとシメジで血液からのニオイを消す

血液中から皮膚を通って出てくるにおい成分は、食事やストレス・呼吸によって取り入れられたニオイなど、あらゆるにおいが混ざっています。

体の中から放出されるニオイなので、皮膚を清潔にするだけでは、においを消すことができません。

特に、前述の「睡眠不足・疲労・イライラ」によって出るニオイは尿のニオイなので、放っておくわけにはいきませんね。


そんな疲労・イライラ臭対策には、シジミとシメジがおすすめです!


疲労臭の原因は、肝臓機能の低下によるもの。

シジミには、肝機能を助けるオルニチンがたっぷり含まれています。

そして、キノコ類のブナシメジにもオルニチンが多く含まれています。


疲労臭対策には、シジミとシメジのお味噌汁を1日1杯以上飲むのがおすすめ。

オルニチンがたっぷりとれる上、みそにたっぷり含まれるアミノ酸との相乗効果で、疲労回復効果が期待できます。



葉加瀬マイさんは、上記3つのニオイ対策方法を1週間実践し、見事にクサイ体臭成分を減少させることに成功しました。

簡単な方法ばかりですし、入浴・運動・お味噌汁は体にも良いので、ぜひ続けて実践して、クサイ体臭が出ないさわやかな体を目指しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする