過去に受けた心の傷は残る!?心的外傷後ストレス障害【PTSD】

地震や洪水などの災害、事故、虐待、パワーハラスメント、ドメスティックバイオレンス(DV)、体罰…。

『自分の意志とは異なり、外的に加えられた危害に対するストレスにより、時間が経ってもその記憶に恐怖を感じてしまうこと』を心的外傷後ストレス障害(PTSD)と言います。

スポンサーリンク

※災害など突発的に起こった事件・事故の後、すぐに症状を発症したものを急性ストレス障害と言います。


急性ストレス障害は、多くの場合1か月程度の期間を経ておさまっていきますが、一定の期間を経てもおさまらず、長期化してしまったものを心理的外傷ストレス障害(PTSD)と呼びます。


長期化しやすい心的外傷後ストレス障害の多くは、心に傷を受けた事件・事故の発生から、およそ6ヶ月程度のうちに心的外傷後ストレス障害の基本症状が表れてきます。

期間については個人差があり、早く出る人もいれば、遅い人もいます。


基本的な症状としては、何の前触れもなく怖い体験を思い出しては理由もなく泣き出したり、またいつか起こるのではないかという不安や緊張状態が続きます。

2227


その影響は心理面だけではありません。

身体にも異変が起こり、めまい、頭痛、不眠、悪夢、食欲減退、腹痛、吐き気などを伴うこともあります。


さらには、感情や感覚が麻痺してしまい、これまで喜べていたことが喜べなくなる、人に興味が持てなくなる、などの症状が表れてきます。

震災クラスの大地震が起きたりした場合、6か月前後経った頃に、このような症状を発症した人が多く表れる傾向にあるようです。

また、幼い頃に児童虐待被害にあった経験のある人の中には、年を重ねてもこのような症状から抜けきらずにいることもしばしばあります。


パワハラ、セクハラ、暴行、イジメといったケースにおいても、数年経ってもその当時を彷彿とさせるような出来事を追体験すると、ストレス障害の症状を発症してしまうことがあります。

依存症になるようなものを遠ざける

気をつけなければならないのは、このストレス障害を抱えている人たちは、アルコールや薬物依存になりやすい傾向にある事です。

今後は、深刻な依存症におちいらないよう、それらのものを遠ざけていく必要があります。

過去を断ち切り、未来を向かないと自分の人生は取り戻せない

どんなに時間がかっても、その場にとどまっていては永遠に自分の人生を取り戻すことができません。

過去を過去の過ぎ去った出来事として断ち切り、今現在とこれからの時間をより良く生きるために、心の傷を乗り越えて行く必要があります。

スポンサーリンク

心のケアをする専門家には『あたりハズレ』がある覚悟で臨む

心療内科や精神科、カウンセラーには、言い方は悪いかもしれませんが、必ず『あたりハズレ』があります。

個人的経験から言うと、あたりをひくことの方が難しいようにも思います。


それでもあきらめず、自分を守るため・過去のトラウマを切り捨て、未来志向の人生に切り替えていくためには、このような心のケアをする機関を利用していくことも時には必要です。


大切な人生を取り戻すために、自分の人生を生きるために、前向きに生きていきましょう。

つらい過去を持つ自分を決して否定せず、全てを受け入れて生きていきましょう


簡単ではないことを簡単に言っているようですが、必ず未来はひらけます。

未来がひらけた時、必ずあなたの経験が他の誰かを助けます。


決してあきらめず、ご自分中にある『自分を守る力』を信じ、『自分には乗り越える力がある』と信じることが大切です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする