インフルエンザ・風邪予防には乳酸菌!健康寿命を延ばす効果も

乳酸菌には、単に便秘を改善する効果があるだけではありません。

乳酸菌を体内に取り入れ、腸内環境を良くすることで、インフルエンザや風邪などの感染症を予防し、さらには健康寿命を延ばす可能性もあると言われています。

乳酸菌の効果についてまとめました。

スポンサーリンク

乳酸菌によるインフルエンザ・風邪など感染症の予防効果

【ライター・千陽】

インフルエンザや風邪の予防には、乳酸菌が効果があると期待されています。

酸性に保たれた腸内では、アルカリ性の環境を好む悪玉菌は繁殖しにくいのですが、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌によってつくられる乳酸や酢酸が腸内に増えていくことで、悪玉菌が減り、病原菌が増殖しにくくなっていきます。

口や食動、胃や腸、大腸などは消化管で、消化管は通常、「食べたものを消化するのが仕事」であると思われていますが、実は、腸は人間の体で最大の免疫器官とも言われています。

つまり、腸の免疫力を高めることで、病気になりにくい健康な体をつくることができるというわけです。

スポンサーリンク

健康寿命は腸内の乳酸菌で決まる!?

腸の免疫細胞を活性化するためには、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を増やすことが大切です。

免疫力を高めることで、風邪を引きにくい健康な体になっていきます。


腸には「免疫細胞」が集中して存在していますので、腸の調子を整えることで、さまざまな病気や体調不良、アレルギーなどを予防・改善していくことにつながります。


近年注目されているのは、「健康寿命は腸で決まる」という説です。

乳酸菌を摂り、腸内フローラを整えることで、ますます健康寿命は延びていくと考えられます。


健康のバロメーターは、毎日の快適なお通じ

便の状態は、腸内フローラの状態がストレートに現れるところでもあるので、毎日の便の状態や出方には留意しておくと良いでしょう。

相性の良い乳酸菌を見つける

ところで、乳酸菌と一口に言っても、いろいろな種類の乳酸菌があふれていますね。

「ヨーグルトや乳酸菌飲料の種類の数だけ乳酸菌の数もある」
とも言われています。


そして、人によって相性の良い乳酸菌とそうでもない乳酸菌があるのです。


乳酸菌を摂取して「健康寿命」を伸ばすには、「どの乳酸菌でも良い」というワケでもないようですね。

「自分の腸内フローラと相性のいい乳酸菌を見つける必要がある」、ということになります。

乳酸菌との相性が良くない場合、健康効果も半減してしまいますから、自分にとって良い乳酸菌を見つけることが大切。

自分に合った乳酸菌を知る方法

自分に合った乳酸菌を知るには、1種類のヨーグルトや乳酸菌飲料・乳酸菌サプリメントを、少なくとも2週間程度続けて摂ってみることです。

2週間続けて見れば、便の状態によって、自分の腸内フローラと相性が良い乳酸菌なのかそうでないのかがわかってきます。

最初は「効果がないかな?」と思っても、その乳酸菌が腸内でしっかりと腸内フローラを形成して便に反映できるようになるまで日数がかかりますので、しっかりと様子を見て見極めるようにして下さい。


腸内には善玉菌だけではなく、非常に厄介な悪玉菌も存在しています。

腸内で悪玉菌が増殖することで、ウイルス・病原菌などの有害な物質を充満させてしまうのです。

腸内に悪玉菌が住みついてしまうと、それこそ大きな病気の「もと」を抱えこんでいるのと同じです。


病気予防のためには、腸内から悪玉菌を排除していかなくてはなりません。

つまり、悪玉菌の嫌いな「酸性」の状態にしてあげることが、健康寿命を伸ばす秘訣になってきます。


このことは、悪玉菌だけではなくウイルス・病原菌にも共通しています。

悪玉菌同様、酸性の環境の中では悪玉菌やウイルス・病原菌は生きてはいけないのです。

腸内の乳酸菌は、加齢とともに減少してしまうという局面もあります。

インフルエンザや風邪を引かないような健康な体をつくるためにも、健康寿命を延ばすためにも、毎日乳酸菌を摂り、良い腸内環境を保っていきたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする