ノロウイルスの原因と症状・感染してしまった時の対処法

毎年冬になると流行するノロウイルス。

ノロウイルスの原因は何なのでしょうか。

他の食中毒との症状の違いは?

感染してしまった時は、どんな対処法を取れば良いのでしょうか。

スポンサーリンク

ノロウイルスの感染源

ノロウイルスとは、胃腸炎や食中毒を引き起こすウイルスです。

as0019

人から人へと感染するのがノロウイルスの大きな特徴で、咳やくしゃみなどから空気を通して感染することもあります。

飲食物を介しての感染が多く、調理者や販売者が感染していたことをきっかけに、大量感染に発展してしまうこともあります。


ウイルスで汚染された食品を食べることによって感染するという点では、食中毒と似ています。

また、病院での院内感染も、残念ながらまだまだ多く見られます。

スポンサーリンク

ノロウイルスの症状と感染後の経過

ノロウイルスの潜伏期間は24時間から48時間程度です。

通常は、1日から2日ほど症状が続いた後病院を受診し、治癒することが多くなっています。


ノロウイルスの感染で後遺症が残るようなことはありませんが、免疫力の低い乳幼児や高齢者の場合、完治するまでには、大人より少し時間がかかることもあります。

ノロウイルスの症状

ノロウイルスの主な症状としては、発熱、嘔吐、下痢、腹痛などが挙げられます。

食中毒と似ていて見分けがつきにくいのですが、病院を受診し、検査してもらうことでノロウイルスだということが分かります。

ノロウイルスにかかったしまった時はどうすれば良い?

ノロウイルスにかかってしまった時の対処法としては、現在はまだ特効薬が開発されていないため、自宅で安静にするしか方法がありません。


嘔吐や下痢をすることがあり、脱水症状のリスクが高いので、経口補水液などで水分と栄養補給をしっかりと行う必要があります。

吐いてしまったりして、どうしても自分で水分や栄養補給ができない時は、病院で点滴をしてもらうことも可能です。


おう吐や下痢は、ウイルスや毒素を外に出すための大切な生理作用です。

吐き気や下痢がつらくても、市販薬などを使って自己判断で止めてしまうのは大変危険です。


症状がきつく、どうしても薬などで症状を和らげたい場合は、必ず病院で医師に相談し、症状に合わせて処方してもらった薬を飲むようにしましょう。


ノロウイルス感染による食中毒にならないための予防と対策方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする