認知症と物忘れを予防する方法【簡単タオルマッサージ】たけしの家庭の医学

加齢とともに気になってくるのが、体の老化、そして脳の老化です。

とりわけ認知機能の低下は、誰でも気になるもの…。

できることなら体も頭も元気なまま、健康寿命を長く伸ばしていきたいものですね。

今、認知機能の低下を防ぐ脳内物質の存在が注目されています。

スポンサーリンク



参考:2017年9月26日放送 テレビ朝日「たけしの家庭の医学 3時間スペシャル」
国立長寿医療研究センター もの忘れセンター副センター長 佐治直樹氏
東京都健康長寿医療センター 自律神経機能研究室 堀田晴美 研究部長

脳内物質NGFが認知機能の低下を防ぐ!

脳の老化を防ぎ、認知機能の低下を予防することで注目されている物質とは、神経成長因子・NGFです。

脳内物質NGFを増やすことができれば、歳をとっても認知症を発症する確率が下がり物忘れも防げるようになるため、加齢による不安材料を減らすことができます。

NGFは脳の組織の中で神経組織を維持し、成長をサポートするために欠かせない神経成長因子です。

近年の科学技術の進歩により、NGFに関する詳細が解明されてきて、認知症や神経に関わる学会などにおいて注目されつつあります。

 
老いたラットにNGFを2週間注入し続けたところ、ラットの認知機能が回復し、迷路を通り抜ける時間がおよそ半分にまで短縮された、という実験結果が報告されています。

スポンサーリンク



NGFの分泌量は認知機能や物忘れに直接影響する

NGFの分泌量は、加齢とともに減少していってしまいます。

NGFの減少は、認知症を発症するきっかけとなるだけでなく、人の名前が思い出せない・メガネをどこに置いたかわからないなど、物忘れが激しくなる原因のひとつでもあります。

 
一方で、高齢であってもNGFの分泌量が多く、良好な状態を保っている方も少なからずおられます。

NGFの分泌量がしっかり保たれている人は、記憶力もしっかりしており、認知症のリスクも少ないことがわかっています。

 
実際に高齢者の記憶力テストを実施し、NGFの分泌量を計測したところ、記憶力が低下している人としっかり保たれている人の間には、NGFの分泌量に明確な差異が見られました。

認知機能の低下はなぜ起こる?

私たちの脳の中には、1000億個以上の神経細胞が存在しています。

神経細胞同士が網目状につながってネットワークをつくり、電気信号を送りあいながら、情報を伝達しあっています。

私たちのさまざまな記憶はこの神経細胞の中にしまわれていますが、NGFが十分に機能していれば、ネットワークを通していつでもその記憶を取り出すことができるのです。

NGFが減少すると、網目上に張り巡らされていたネットワークの回路があちこちで断線するようになり、細胞同士の伝達がうまく行かなくなっていってしまいます。

※このような状態を、医学用語では「脱落」と言います。

NGFを増やすことにより、脱落したネットワークが修復され、記憶力も復活させることができると考えられています。

NGFの分泌量は自分で増やすことができる!?

ありがたいことに、脳内物質NGFの分泌量は、簡単な方法で増やすことができます。

ポイントは、脳の血流をアップさせること。

NGFは脳の中で作られているため、脳の血流量がアップするとNGFを作る力が上がり、NGFを増やすことにつながるのです。

 
これまでは、ウォーキングなどの軽い運動が、脳の血流をアップさせる方法として推奨されていました。

実際にウォーキングを毎日している人は、高齢者でも認知機能が衰えていない人が多いことがわかっています。

 
では、運動する時間がない人は、どうすれば良いのでしょうか…?

脳の血流をアップさせる手の平マッサージでNGF分泌量を増やす!

全身の神経や脳の機能に関する研究のスペシャリストで、東京都健康長寿医療センター 自律神経機能研究室 研究部長 堀田晴美先生によると…

手足など末端の皮膚を刺激することで、脳の血流がアップし、NGF分泌を活性化させることができます。

 
手足などの末端の神経を支配しているのは脳ですから、手足を刺激するとその刺激が脳に伝わり、脳が活性化します。

脳が活性化すると血流が増え、NGFの分泌量が増える…、というわけです。

 
手足の末端を刺激するために、家でもできる方法簡単な方法とは、…。

 
タオルなどのざらざらしたものを、両手にはさんで軽くこすり合わせる。

 
それだけです。

タオルが落ちない程度のゆるい力で、スリスリとこすり合わせます。

強くこすり過ぎないのがポイント。

 
これを1日わずか10分程度、好きな時間に行うだけで、脳が刺激されて血流量がアップします。

手のひらは感覚神経が非常に密集して分布している箇所であるため、高い効果が期待できます。

 
個人差はあるかもしれませんが、わずか数日で効果が出ることもありますので、毎日ウォーキングする時間が取れない方はぜひ手のひらタオルマッサージを毎日実行してみましょう。

タオルがなくても、今着ている服でもできる!?

さっそく私もやってみましたが、「テレビを見ながら…」とかでない限り、10分間両手でタオルをこすり合わせるのは、私にはちょっと面倒に感じました。

テレビを見るよりパソコンに向かっていることが多いため、両手が空かないことが多いのです。

 
そこで、その時着ていたズボンの太もものところで、手の平をこすってみることに…。

そのズボン生地は少し凹凸があり、適度なザラザラ感があったため、タオルでこするのと同じような効果が得られました。

すぐに手のひらが温まり、血流が良くなっているのを実感。

それでも「10分連続で」というのは無理でしたが、このやり方のほうが片手ずつこまめにできるので、まとまったタオルマッサージの時間が取れない方にはおすすめです。

 
ズボンや服の生地がツルツルだったら…?

 
ヒザにタオルを置いて、手をスリスリする!

 
両手にタオルを挟んでスリスリするより、ヒザにタオルを置いて、ヒザの上でスリスリする方が、私にはやりやすいと感じました。

 
いろいろ試してみて、自分に合った方法を見つけて毎日実行し、物忘れによる不快感や認知症の不安から解放されていきましょう!


 
スポンサーリンク