内臓脂肪を減らす海藻アカモクのフコキサンチン【たけしの家庭の医学】

内臓脂肪は万病のもと。

高血圧・高血糖を引き起こし、動脈硬化が加速して、やがては脳梗塞や心筋梗塞など、命に関わる病のもとになってしまうこともあります。

「たけしの家庭の医学」では、「効率よく内臓脂肪を減らしてくれる海藻」が紹介されていました!

スポンサーリンク

参考:2017年9月26日放送 テレビ朝日「たけしの家庭の医学 3時間スペシャル」
東京医科大学病院 糖尿病・代謝・内分泌内科 小田原雅人 主任教授による解説

やせている人の方が危ない!?内臓脂肪

内臓脂肪は太っている人の問題。

自分はやせているから関係ない…。

そう思っていませんか?

実は、やせている(ように見える)人の方が危険である、と小田原雅人教授。


人は誰でも、加齢とともに代謝が衰え、内臓脂肪が増えていく傾向にあります。

一見するとお腹が出ていない人であっても、実は内臓脂肪が蓄積している…という人は、少なくありません。

見た目が太っていれば自覚もあるため、対策を考えたり行動したりしますが、やせている人にはその自覚がほとんどなく、放置されてしまいがち。


また、内臓脂肪の問題は、加齢によるものだけではなく若い人にも起こり得る問題です。

まだ30代・40代でやせていても、食習慣や生活習慣によっては、おなかに内臓脂肪がビッチリたまっている可能性があるということですので、油断はできません。

内臓脂肪を減らすには、生活習慣の改善が大切!

内臓脂肪を減らすために大切なのは、やはり生活習慣の改善。

食事による摂取カロリーを制限し、栄養バランスの取れた食生活を心がけ、適度な運動を続けるなど、体に良い生活習慣を身につけていくことが基本です。

しかし加齢とともに、あまり激しい運動はできなくなっていくのも事実…。

食事改善だけでも、内臓脂肪をなんとかすることはできないものでしょうか…?

スポンサーリンク

アカモク(ギバサ)を食べるだけで内臓脂肪が減らせる!

近年、アカモク(地方によってはギバサと呼ばれる)という、ネバネバの海藻に注目が集まっています。

アカモクには、フコキサンチンという成分が、他のどんな食材よりも多く含まれているのが特徴。

このフコキサンチンには、内臓脂肪を減らす効果があり、ため込んだ内臓脂肪に働きかけ、運動したのと同じように内臓脂肪を燃やしながら減らしていってくれる効果があるのです。


マウスの実験でもその効果は証明されていますが、ヒトを対象とした実験でも効果が出ています。

平均体重が90キロを超えるロシア人女性55人に、フコキサンチンを16週間摂取し続けてもらったところ、体重が平均7キロ減少し、内臓脂肪も11%低下した、という研究結果が報告されているのです。


フコキサンチンはわかめやコンブなどの身近な海藻にも含まれていますが、その含有量はアカモクの半分以下。

アカモクは、東北をはじめとする海辺の生産地周辺と、首都圏の一部の小売店で販売されています。

楽天ショップで「アカモク」を見てみる


アカモクの健康効果が注目されるようになり、その生産量は近年どんどん増えてきています。

2006年には10トンほどだったのが、2016年には40トンに増えているので、今後販売地域も広がっていくことが予想されます。

スポンサーリンク

生産地でのアカモクの食べ方

しかしながら、生産地以外の人にとって、アカモクはあまりなじみのない食材。

どうやって食べて良いのかもわかりませんね。


生産地では、うどんのトッピングにしたり、天つゆをかけて混ぜ、ごはんにトッピングしたりして食べられています。

包丁でたたき、粘りを出したものをお味噌汁に入れたり、冷奴にのせたり、マグロにのせて、山かけのようにして食べるご家庭も。

包丁でたたくことでフコキサンチンの吸収率が上がり、味わいも深まるそうです。


手間をかけずに食べられるので、もし近くのスーパーで「運動せずして内臓脂肪を減らせる魔法の海藻・アカモク」を見かけたら、ぜひ購入して食べてみて下さい。


また、アカモクの半分以下とはいえ、ワカメにもフコキサンチンが含まれているため、気になっているけどアカモクの入手が難しい、という方は、ワカメを毎日の食卓に取り入れていきましょう。

※コンブに含まれるフコキサンチンはさらに少なく、ワカメの半分以下です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする