めまいの体験談|病院は何科でも原因不明!自律神経の安定で改善

めまいに悩む人は少なくありませんが、原因がわかりにくいことが多い病気でもあります。

私も、めまいに悩んで解決方法をいろいろ試してみた経験があります。

今回は、その時の体験をお話しします。

スポンサーリンク

理由もわからないままめまいに悩む日々

【ライター・MAKO】

私は現在38歳ですが、35歳を過ぎた頃からめまいに悩まされるようになりました。

症状はそれほどきつくなく、激しく目がくるくる舞うような、回転性のめまいではなかったのですが、日常的に身体がふわふわと浮いたような感じがし、めまいのせいで頭がはっきりしないような感覚があったり、常にモヤモヤしたような感覚のまま過ごす日々でした。

実際に、まっすぐ歩けないというほどの強い症状ではなく、ふらついたりする事はなくまっすぐ歩けます。

頭がボーッとするとは言え、思考力が低下するとか、仕事や家事が出来ないなどと言った明確な症状もありません。


ただ、車を運転する時などはやはり不安に思いますし、「なんとなく不快感がある」という状態がずっと続いているのは気分の良いものではありません。

いつからめまいが始まったかも定かではないのですが、気づけば長引いており、「今思い返せば、35歳を過ぎた頃だったかな」と言った感じでした。

スポンサーリンク

耳鼻科・脳神経外科・婦人科でも原因はよくわからない

症状がきつくないとはいえ、いつまでも治らないのが気になって、病院を受診してみることにしました。


まずは耳鼻科を受診してみました。

三半規管の検査や、聴力、平衡感覚の検査、耳管に問題がないかなど調べてもらいましたが、特に異常は見つからず。

めまいに効くという、耳管の水分量を調節する薬を処方してもらって2週間ほど飲み続けましたが、残念ながらまったく改善は見られませんでした。

次に脳神経外科を受診し、脳に異常がないかMRIを撮って検査してもらいましたが、やはり何も異常はありませんでした。

脳に異常がなかったことについては、ひとまず安心できましたが、原因は分からないまま。

「原因不明のめまい」が、何からくる症状なのか不安で仕方ありませんでした。


検査を受けた脳神経外科で、婦人科に行くようアドバイスされたので、こんどは婦人科を受診しました。

身体に目立った異常がない事もあり、「おそらく自律神経の乱れや、ホルモンバランスの乱れからくるめまいなのではないか」という診断が一応出ました。

「若年層でも早ければ更年期に似た症状が現れることもある」とも言われましたが、結局のところ、婦人科でもはっきりした原因はわからないまま終わりました。


長期にわたって薬を飲むのに抵抗があるので、今は自律神経を安定させる為に、食生活や睡眠などを見直した生活を心掛けています。

やはり残業が多かったり、食事や睡眠がおろそかになると、症状も悪化するような気がするので、無理なスケジュールは組まないよう心がけ、できるだけリラックスできる時間を作るようにしています。


最近では、少しめまいの症状が和らいできたように思います。


また症状の改善が見られたり、はっきりとした原因が解明するようなことがありましたら、ここでご報告します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする