肩こり解消には肩甲骨を動かす!100均ゴムチューブで簡単体操

女性の体調の悩みで、必ずトップにくるのが肩こり。

肩こりがある人は、疲れやすいという面もあるようです。

つまり、肩こりが解消できれば、疲れにくくなり、外出やレジャーをもっと楽しむことができるかもしれません。

簡単な方法で、自宅にいながらできる肩こり解消法をご紹介します。

スポンサーリンク

40歳を過ぎてひどい肩こりに悩むように…

【ライター・ヒロ】

年齢を重ねるごとに、身体に変化が現れることを実感するようになりました。

現在46歳。

特に40歳を過ぎて「悩みがひどくなってきた」と実感しているのは、肩こりです。


体を動かすのはもともと苦手で、特に運動という運動をしたことがありません。

ランニングをしたり、プールで泳いだり、テニスなどの球技や激しい運動なんて論外。

散歩くらいなら駅や買い物に行くついでに少しい遠回りするくらいのことはやっても、長続きせず。

家の中でのストレッチですら、3日と続けることができませんでした。


アクティブに外出するより、家でゴロゴロしている時が一番好きな性格で、買い物などの用事がない限り、引きこもり状態でした。

そんな生活を送っていたのですから、身体の柔軟性にも欠けてきていたのでしょうか。

何か手を使った作業をし始めると、すぐに肩が重くなり、肩がこるようになりました。


運動が嫌いな分、手で細かい作業をするのは好きで、よく編み物や手芸などを趣味でやっていたのですが、長時間に渡って両手で作業を行った時などに、強く肩こりを実感するようになりました。

ひどくなると、私の場合、生欠伸が出たり ふらつきが起きたり、ひどい時には食欲がなくなるほどまでに、体に悪影響が出てしまいます。


日常生活にまで影響が出るようになり、あらゆる肩こり解消法を探して、本や雑誌を読みあさったのですが、どの方法でも解消されませんでした。

スポンサーリンク

ゴムチューブで肩甲骨を動かす簡単肩こり解消法

そんな折、友人が「肩こりには肩甲骨を動かすのが良い」と、何かのテレビ番組で聞いたことがある、と教えてくれました。

「肩甲骨がこり固まっているので、肩甲骨を動かすと、血行が良くなり肩こりが解消する」という話だったと思います。


早速、肩甲骨を動かす為に何か使えそうな物はないかと、見回してみると、以前100円ショップで買ったゴムチューブが…。


試しに、ゴムチューブを使って簡単な体操をしてみました。

肩甲骨は「天使の羽根」とも言われたりしていますので、羽ばたくように肩甲骨を動かすのがコツ。


ゴムチューブを両手に持って、肩甲骨を意識して動かすように、頭の前で上下に左右に、頭の後ろで上下に左右に…。


数分行っただけでも、すごく血行が良くなる感覚があり、肩周辺や腕の筋肉がほぐれて、気持ち良くなります。

運動嫌いの私でも、これなら手が空いたときに気楽に出来るので、よく作業するテーブルの横にゴムチューブを置いて、ヒマを見つけてはやるようになりました。


肩こりが完全に解消した!…とまではいきませんが、外出などで疲れたり、「ちょっと肩がこってきたな」と感じたら、家に帰ると真っ先にゴムチューブを手に取って体操を始めるくらい、この方法が私には合っていると感じています。


ゴムチューブは決して高いものではありませんが、家になければ、その場で肩甲骨の動きをしっかり意識した体操をしてみて下さい。

筋肉や関節がほぐれ、血流が良くなり、コリが軽くなっていくのが実感できますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする