のどを鍛えて誤嚥性肺炎と窒息を予防する方法|世界一受けたい授業

「肺炎」と聞くと「風邪をこじらせてしまうとかかってしまうもの」というイメージがありますが、実は高齢者の肺炎の約7割は、飲み物や食べ物が誤って軌道に入り込んでしまう「誤嚥(ごえん)」が原因で引き起こされています。

食べ物や飲み物、唾液などが肺に入ってしまうと、肺の中で炎症を起こし、これが原因となって肺炎を引き起こしてしまうのです。

誤えんが怖いのは、肺炎だけではありません。

気道がふさがれてしまうことがあるため、窒息してしまう(食べ物をのどに詰めてしまう)危険性もあるのです…!

スポンサーリンク

参考:2017年9月30日放送 日本テレビ「世界一受けたい授業」
『寿命を延ばす3つののど運動』
解説:「肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい」著者
東海大学客員教授 西山耳鼻咽喉科医院  西山耕一郎氏

のどをきたえると寿命が伸びる!

誤えんを引き起こしてしまう原因は、「ものを飲み込む力の低下」にあります。


万が一気道に食べ物や飲み物が入ってしまっても、若い人やのどが丈夫な人は「咳込む」ことで異物を出すことができますが、飲み込む力が弱っていたり、せき込む力が弱い人は、そのまま肺の中に異物が残ってしまいます。

誤えんで一度肺に入ってしまった異物が自然に出てくることはまずありません。

のどをきたえておけば、誤えんによる肺炎や窒息を防ぐことができ、寿命を延ばすことも可能になりますから、誤えんが気になっている人は、普段から喉をきたえておくことが大切です。

のどをきたえる方法

誤えんした時の対処方法

誤えんによる窒息は、命に関わるものです。

早急な対応によって命を救うことができるわけですから、イザという時の対処方法を覚えておきましょう。

1.「のどに詰まらせた人が呼吸をしているかどうか」を確認する

2.上半身を倒させる

3.背中をたたいて咳をさせる

気道を水平にする姿勢で背中をたたき、「咳をさせる」ことが大切です。

気道が縦になったまま(上半身がまっすぐのまま)で背中をたたくと、のどに詰まったものがよけいに肺の奥に入ってしまう危険性があるため、「前かがみにさせる」という点をしっかり押さえておきましょう

もし可能であれば口の中を見て、異物がないか確認し、見えるものがあればそれをかき出します。

水を飲ませたりするのは、むせやすくなってしまうため逆効果です。

スポンサーリンク

日常生活で誤嚥を防ぐコツ

上を向いて飲み込まず、飲み込むときうなずく

誤えんが起きやすい時は、「物を飲み込む瞬間に上を向いている時」です。

通常、空気の通り道である気道は開いていて、吸ったり吐いたりする呼気が外と肺を自由に行き来できるようになっています。

食べ物を飲み込むわずかな瞬間(0.5~0.8秒くらいの間)だけ、一瞬気道にフタがされて食道が開き、食べ物や飲み物が胃に運ばれていきます。

ところが、上を向いた状態で食べていると気道のフタが閉まりにくくなり、食べ物が気道に入りやすくなってしまうのです。


誤えんを防ぐためには、ものを飲み込む瞬間だけでも「軽くうなずく」ような姿勢で食べる習慣をつけておくと、気道に物が入りにくくなり、誤えんを予防することができます。

飲み込んだらハァ~~ッと息を吐く

さらに、モノを飲み込んだ後「ハァ~~ッ」と息を吐く習慣をつけておくと、誤えんを予防することができます。

息は気道から出てくるため、もし仮に気道に食べ物・飲み物が入りそうになった場合でも、息を吐く空気に押されて食べ物が気道から出てきます。

飲み込む力、「飲み込み力」が衰えてないかチェック!

今現在、自分ののどが衰えてないかどうか気になりますよね。

普段からせき込むことが多くて気になっている人は、今すぐチェックしてみましょう!

□ ペットボトル飲料を上を向いて飲むとよくむせる
□ 声をかけたのに、無視される(聞こえてない)ことが多い
□ 最近歩くスピードが遅くなった
□ 大きめの錠剤をのみにくく感じるようになった
□ 食後、ガラガラ声になっていることがある

いかがでしたか?

上記の5項目のうち、二つ以上当てはまる項目があれば、「飲み込む力が弱っている」という危険信号です。

歩くスピードと飲み込む力は一見何の関係もないように思いますが、体力が落ちているとのども衰えている可能性が高く、飲み込む力も落ちていると考えられます。

人に自分の声が届かない、あるいは食後にガラガラ声になってしまうのも、のどの筋肉の衰えによるものですから、心当たりがある方は注意が必要です。

のどボトケの位置が低いとの見込む力が弱っている!

上記のチェック項目以外にも、のどボトケの位置で飲み込む力が衰えているかどうか確認することができます。


著作:Steve Punter

のどボトケの位置は年齢と共に下がっていきますが、理想的なのどボトケの位置は、首の真ん中より上にあるのが良いとされています。

さらに、モノを飲み込んだ時にのどボトケが「2センチ以上」上下に動くかどうかもチェックポイント。

飲み込み力が衰えてないか気になる人は、定期的にのどボトケの位置と動きをチェックするようにしましょう。

女性ののどボトケの位置確認方法

女性はのどボトケが小さいため、一見無いように見えてしまいますが、女性にもちゃんとのどボトケがあります。

のどボトケの位置を確認するには、「イ~~」と声を出しながら、音程を上下させてみます。

そうするとのどボトケが動くので、位置が確認できます。


それでもわかりにくいと感じた方は、鏡を見ながらツバを飲み込んでみて下さい。

飲み込むのと同時に、上下に動くのがのどボトケです。

のどの力が衰えてなくても、誤嚥しやすい人の特徴

のどの力が衰えている・いないに関わらず、誤えんしやすいタイプの人がいます。

それは、ドガ食いする人・早食いする人・口の中にたくさんものを詰め込んで食べる人

このような習慣がついている人は、誤嚥しやすい傾向にあります。


反対に誤嚥しにくい人は、「よくしゃべる人」。

しゃべるということは、無意識にのどをきたえていることになりますから、のどが丈夫で誤嚥しにくい、ということになります。

のどをきたえる方法

あご持ち上げ体操

下あごに、両手の親指を押しあてます。

あごは下に引くようにし、指はあごを押し返すようにします。

この時、口を横に広げ、「イーーーッ」と言いながらのどボトケ周辺に力を入れます。


のどボトケを上げる筋肉がきたえられます。

朝食・昼食・夕食前に、5秒ずつ10セット、毎日行いましょう。

吹き矢トレーニング

A4くらいの紙と、小さめの紙(13~15センチ角くらい)、そしてセロハンテープとカラのペットボトルを用意します。

大きい方の紙をクルクルと丸めて、直径2センチ程度の筒を作り、セロハンテープでとめておきます。

小さめの紙を丸め、セロテープで固めて紙の玉を作ります。

筒状にした紙に玉をこめ、吹き矢のようにフーッと吹いて飛ばし、50センチ離れたところに置いたカラのペットボトルを倒してみましょう。


吹く力をきたえると、飲み込む力も鍛えられますので、1日5分程度、遊び感覚でやってみましょう。

もう少し本格的に吹き矢を楽しみたい方は、マグネットタイプの安全な吹き矢もありますので挑戦してみてください。

マグネット吹き矢 B2303[トーエイライト スポーツ吹き矢セット]【送料無料】

ハイトーンカラオケ

カラオケでキーの高い曲を歌うことで、のどをきたえることができます。

キーの高い曲を歌う時って、ちょっとのどが苦しいですよね。

でも、それはのどが鍛えられている証拠。

カラオケに行ったらぜひキーの高い曲を選んで歌い、のどをきたえるようにしましょう。



以上です。

のどをきたえて、肺炎やのどのつまりを気にせず毎日楽しく食事しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする