インフルエンザ予防対策に!ウイルスに負けない体をつくる食品まとめ

インフルエンザ対策で大切なのは、マスクの着用、手洗いうがいをしっかりとすることです。

それらに加えて、インフルエンザが流行する季節が近づいてきたら、食事面でもインフルエンザ対策をしておきましょう。

インフルエンザの予防に効果のある食品のご紹介です!

スポンサーリンク

食事で免疫力を高めてインフルエンザ対策

食べ物でインフルエンザ対策ができるの?と思われるかもしれませんが、毎日の食事こそ体をつくる上で基本となるエネルギー源。

2084

ワクチンの予防接種やマスク・手洗いうがいをシッカリやっていても、体を防護するための食事がいいかげんだと、細菌やウイルスに勝つための抵抗力(免疫力)がつきません。

免疫力が低ければ、風邪やインフルエンザにかかりやすくなる上、いったんかかると重症化しやすくなってしまいます。


食事でしっかりと免疫力を高め、インフルエンザ対策をしておきましょう。

インフルエンザ予防に効果的な食べ物

ショウガ

インフルエンザの予防効果が高い食材として、まずあげられるのがショウガです。

ks0070

ショウガには殺菌成分が含まれ、抗菌効果が高いことで良く知られていますが、ウイルス対策にも有効です。

さらに、ショウガには抗ウイルス性物質の分泌を促す働きがあり、ショウガそのものの殺菌効果と、体の中からウイルスと闘う力をつけるという、二つ作用による相乗効果で、より高いインフルエンザ予防効果が期待できるのです。

風邪をひきやすい人と引きにくい人は何が違う?免疫力チェック項目

発酵食品

納豆、ヨーグルト、みそ、ぬか漬け、キムチ、チーズなどの発酵食品を普段からよく食べている人は、インフルエンザに対する抵抗力が高くなります。

as0034


発酵食品を食べると腸内環境が整い、便通が良くなります。

腸内環境が整っていて毎日良いお通じがあると、成長ホルモンが多く分泌されるようになり、ダメージを修復する力が強くなるのです。

納豆

発酵食品の中でも、納豆には抗菌作用があり、ウイルスによって感染する病気に対しても抗菌効果が期待できます。

as0061

ヨーグルト

ヨーグルトにも高い整腸作用がありますが、中でも明治ヨーグルトの『R-1ヨーグルト』は、インフルエンザに強い身体作りに効果があると言われており、インフルエンザがはやり始める季節から受験シーズンにかけては特に、店頭でも売り切れが続出するほどの人気商品です。

絶対にインフルエンザ感染を避けたい受験生は、毎日1パック食べるのがおすすめです。

いつ食べても効果がありますが、より高い効果を求めるなら、ヨーグルトは夕食後に食べましょう。

腸は眠っている間に活発に働くので、夕食後に食べた乳酸菌は、より効果的に働きます。

良質なたんぱく質

良性のタンパク質もおすすめです。

タンパク質は分解されるとアミノ酸となり、ウイルスや細菌から体を守る働きがあります。

つまり、タンパク質には免疫の働きをサポートする役割があるのですね。


肉や魚、卵、大豆・大豆製品などをバランス良く食べるようにしましょう。

ビタミンCが豊富な食材

ビタミンCには、インフルエンザや風邪にかかるリスクを下げる効果があります。

みかんやグレープフルーツなどの柑橘系をデザートに食べるのもおすすめです。


ただし、『風邪をひいたらビタミンCをたくさん摂れば早く治る』と思われている方も多いようですが、これは間違いです。

病気にかかってしまってからビタミンCを一生懸命とっても、あまり目立った効果は期待できません。

ビタミンCの効果を風邪やインフルエンザの時に生かしたいなら、日常からビタミンCを含む食材をマメに食べておくことが大切です。

風邪にビタミンCサプリやドリンクは効果なし!?風邪に効く栄養は?

まとめ

インフルエンザ予防に効果的な食品まとめです。

・ショウガ
・発酵食品
 -納豆
 -R-1ヨーグルト
・良質なたんぱく質
・ビタミンCを多く含む食材

インフルエンザを予防するには、普段からバランスの良い食事を心がけることに加えて、上記のような食品を積極的にとり、免疫力を高めておくことが大切です。

家族みんなで、食生活の面からインフルエンザ予防をしていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする