【インフルエンザの予防法】マメな生活習慣と食習慣と免疫力UP!

毎年冬が近づくと、『今年は何型のインフルエンザが流行する』という予測が立てられます。

どうしてもインフルエンザにかかりたくない時、どんな対策を取れば良いのでしょうか。

インフルエンザ予防対策についてまとめました。

スポンサーリンク

インフルエンザにかかって免疫をつけておくのは悪いことではない

インフルエンザの予防法についてお話する前に、インフルエンザに感染するのは悪いことばかりではないということを知っておきましょう。

as0168

過去のインフルエンザでついた免疫力が高齢者を守っている!?

高齢者の方は、1957年に猛威を振るったH1N1ウイルスなどをはじめとする、さまざまなインフルエンザにかかっては治ってきている方が多く、過去にかかった全てのインフルエンザウイルスに対する免疫を持っていると考えられます。

高齢者の方が毒性の強いインフルエンザにかかれば命に関わる危険性もある中、長年蓄積された免疫力が体を守っているという面もあるのです。


ですから、インフルエンザは『絶対にかかってはいけないもの』ととらえるのではなく、しっかりと予防に努めた上で、万が一かかってしまった場合でも、いかに重症化を防ぐかに重点を置いた対策をしていきましょう。

スポンサーリンク

インフルエンザ予防法

予防の基本はマスク・手洗い・うがい!

感染症予防の基本は、外出時のマスク着用と、手洗い・うがいです。

出かける時はマスクをしっかりとして、手洗いとうがいはマメに行うようにしましょう。

マスク専用の除菌スプレーなどを使うなどして、マスクの効果を高めましょう。

『念入りな手洗い』より『マメな手洗い』

『風邪やインフルエンザ予防のためには手洗いを念入りに』といつも言われますが、念入り過ぎる手洗いにより、手荒れを引き起こし、ウイルスや雑菌が侵入しやすくなったり、手洗いが面倒に感じてしまうなどといった弊害も指摘されています。

手洗いは念入りに行うことより、『汚れたと思ったら洗う』くらい、マメに行う方が効果的です。

手荒れしがちな方は、手洗いのたびにハンドクリームを付けるなどして手肌を守り、手荒れを防ぎましょう。

ハンドクリームはボトルタイプより、チューブタイプやプッシュタイプのクリームの方が雑菌が入りにくく清潔が保てるのでお勧めです。

as0170

ワクチンは受けておこう

インフルエンザワクチンによる予防接種を受けておくことが、現在では最も有効的な方法とされています。

インフルエンザワクチンを受けた方が良いのかどうかについては、いまだ賛否が分かれるところではありますが、『今年は何があってもかかるわけにはいかない』という時などは、受けておいた方が安全です。

予防接種を受けているからと言っても、絶対にインフルエンザに感染しないとは限らないのですが、かかった時の症状を軽減する効果もあるので、受験生は必ず受けておきましょう。

人が集まる場所を避ける

インフルエンザが流行しやすい季節(11月~3月)は、人が多く集まる場所に行くのはできるだけ避けましょう。

人混みでは、不特定多数の人たちが咳をしたり、くしゃみをしたりするので、どうしてもインフルエンザに感染する可能性が高まります。

特に『インフルエンザが流行している』という情報が報道などで出てくるようになったら、できるだけ不要な外出を控えるのがベターです。

湿度をしっかり管理

自宅にいる時は、加湿器などを使って湿度管理をしっかり行いましょう。

as0169

空気が乾燥するとウイルスや細菌が空気中に舞いやすくなって、インフルエンザにかかるリスクが上がります。

高い湿度を保つことによって、のどや鼻の粘膜も守られますので、部屋の湿度が適切な湿度に保たれているかを湿度計でチェックするようにしましょう。


ウイルスや細菌は、湿度が40%以下になると活動が活発になります

また、70%を超えるとカビやダニにとって快適な湿度となってしまいます。

風邪やインフルエンザを予防し、カビやダニも予防するためには、50%前後(45%~60%)を目安に、部屋の湿度を保っておくようにしましょう。

免疫力がアップする食事と生活習慣を!

身体が疲れていたり弱っていたりすると、ウイルスへの抵抗力が弱まり、感染するリスクが高まります。


また、インフルエンザ罹患者の中には、自分がインフルエンザにかかったことに気づかないままでやり過ごしてしまう人もいます。

インフルエンザにかかっても症状が軽度で済むのは、免疫力の違いに他なりません。


身体の抵抗力を高めるためにも、栄養価の優れたバランスの良い食事をできるだけ毎日きちんと食べ、適度に体を動かし、夜更かしを避けるといった基本的な生活習慣を身につけましょう。

免疫力を高める食事方法↓
LPS(リポポリサッカライド)で免疫力UP!風邪やインフルエンザを撃退

風邪をひきやすい人と引きにくい人は何が違う?免疫力アップ方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする