インフルエンザの特徴的な症状および風邪の症状との違い

突然ゾクゾクッと寒気が走る。

まずい、風邪をひいたかな?

…っと思っているうちに、急に体中がだるくなり、熱もどんどん上がっていく。

これはもしかして、風邪じゃなくてインフルエンザ!?

ところでインフルエンザと風邪の症状の違いって、具体的にはどんな感じなの?

スポンサーリンク

インフルエンザの典型的な症状

インフルエンザが常の風邪と違う最大の特徴は、38度以上の高熱が出ることです。

また、関節痛筋肉痛頭痛などを引き起こしたり、身体全体の倦怠感や極度の食欲不振などの症状があらわれます。


ただし高齢者においては、インフルエンザにかかっても高熱にならないことがあり、見過ごされて重症化してしまうケースもあるので、強い関節痛などがあれば注意しましょう。

2168

症状が出てから急激に悪化し、1週間程度続く

インフルエンザウイルスに感染すると、1日から3日程度の潜伏期間の後、インフルエンザとして発病します。

続いて突然高熱が出て、上記のような全身症状が現れます。


その後に咳や鼻水、のどの痛みなどの呼吸器系の症状が現れ、腰痛や吐き気などの消化器症状を訴えることが多くなっています。

通常は1週間から10日程度で症状が落ち着き、普段通りの生活ができるようになります。

スポンサーリンク

インフルエンザと風邪の症状の違い

感染力が強い

インフルエンザの感染力は風邪より強く、一度蔓延するとさらに広がりを見せてしまう危険性が高いため、感染したら人が集まる場所に行くのは控えるなどの配慮が必要です。

2057

季節性がある

普通の風邪は、四季を問わず1年中かかる可能性がありますが、インフルエンザには季節性があり、11月~12月頃から流行が始まり、1月から3月頃にピークを迎えます。

症状の強さに大きな違い

風邪は発症後の過程が比較的ゆるやかで、発熱も軽度で済むケースが多いですが、インフルエンザは高熱を伴い、急激に症状が強くなるといった特徴があります。

風邪の特徴的な症状は、くしゃみや喉の痛み、咳、鼻づまりなどですが、インフルエンザにかかると、関節痛や筋肉痛・頭痛などが一緒に引き起こされ、痛みも強く、起き上がるのがつらいほど激しいものになります。

合併症に注意

インフルエンザの場合、肺炎や脳炎などを合併してしまうと重症化する恐れがあります。

特に、抵抗力の弱い乳幼児や高齢者においては、インフルエンザがもとで命に関わる状態に発展してしまうケースもあるので、症状の変化に注意し、異変があればすぐに医療機関を受診するようにしましょう。

インフルエンザのA型・B型・C型の違いと特徴的症状

【インフルエンザの予防法】マメな生活習慣と食習慣と免疫力UP!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする