ビフィズス菌と乳酸菌の違いは?美容・健康にはどちらがおすすめ?

ビフィズス菌と乳酸菌は、どちらも『ヨーグルトに含まれているもの』というイメージがありますね。

でも、具体的にその違いを知っている人は少ないのでは?

便秘改善や美容に良いと言われるけれど、どちを選んだ方が良いの?

スポンサーリンク

ビフィズス菌と乳酸菌の違い

ビフィズス菌とは

ビフィズス菌は、ヒトの腸内に最も多くある菌のひとつです。

『乳酸菌の一種』と定義されることもありますが、厳密にはビフィズス菌と乳酸菌は生物学的に別のものとしてカテゴライズされます。

腸内発酵(腸内で便が腐ってしまうこと)を防ぐ働き、乳酸や酢酸(さくさん)を作り出して善玉菌として働く役割などがあります。

as0033

乳酸菌とは

乳酸菌は、自然界に広く存在する菌で、オリゴ糖などの糖を分解し、乳酸などの酸を作り出す働きがあります。

ヨーグルトだけでなく、発酵食品など様々な食材に含まれている、とても身近な細菌です。


ビフィズス菌も乳酸菌も、ヒトの腸内に入ると『善玉菌』となって働くため、『プロバイオティクス』と呼ばれるカテゴリーに属する大切な栄養素です。

※プロバイオティクスとは、ヒトの体に良い働きをしてくれる細菌の総称です。

スポンサーリンク

乳酸菌入りとビフィズス菌入り、どちらを選べば良いの?

ヨーグルトやサプリメントには、ビフィズス菌が含まれているものと乳酸菌が含まれているものがありますが、どちらを選んだら良いのか迷ってしまいますね。

結論から言えば、自分に合っているものを選ぶことが一番大切です。

乳酸菌の効果を高めるための『自分に合うヨーグルト』の選び方


最近では、乳酸菌やビフィズス菌を主成分とした特定保健用食品が数多く発売され、サプリメントも数多く販売されているので、選択肢も豊富になってきています。

乳酸菌・ビフィズス菌入りの飲料はもちろん、最近ではチョコレートなどのスイーツも販売されているので、『健康食品を頑張って摂っている』という感覚なしに、カジュアルに口にすることができるようになっています。

as0035

写真はロッテ『乳酸菌ショコラ』


乳酸菌は、キムチやぬか漬けなどの発酵食品にも含まれていますので、便秘や体調不良が続いている方は、しばらくの間、食卓を発酵食品尽くしにしてみるのもおすすめです。

as0034


ビフィズス菌も乳酸菌も、どちらも『摂取して2~3日程度ですぐに身体に変化がある』というものではないので、最低でも2週間程度は毎日続けて様子をみましょう。


乳酸菌・ビフィズス菌入り食材を毎日の食習慣に取り入れて、健康向上に努めましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする