頭痛は種類によって症状が違う:片頭痛と緊張型頭痛の違いとは

15歳以上の日本人うち、3人に1人は頭痛持ちとされています。

つまり、3,000万人以上が頭痛で悩んでいることになるわけです。

頭痛は、片頭痛緊張型頭痛の2種類に大きく分けられます。

それぞれに合った対処方法を行わないと、『頭痛に効く』と言われる改善方法を実施してみても効かないことがありますので、自分の頭痛はどのタイプにあたるのか、把握しておきましょう。

スポンサーリンク

片頭痛の原因と特徴的な症状

片頭痛の原因

片頭痛は、何らかの理由で脳の血管が急激に拡張することによって起こります。

as0084

心身がストレスから解放されたとき、つまりリラックス状態になった時などに、急に血管が拡張することで引き起こされるわけですから、仕事中などには起こりにくく、仕事がない休日などに痛みが起きやすい傾向があります。

緊張の解放以外にも、寝すぎや寝不足、女性のホルモンバランスの変化、空腹、疲労、音や光などの刺激も片頭痛の原因となります。


また、普段は緑茶やコーヒー・紅茶などをよく飲む人が、休日など特定の日に限って全く飲まずにいることで起こる片頭痛もあります。

緑茶・コーヒー・紅茶などに含まれるカフェインには、血管を収縮させる作用がありますが、普段よく飲んでいる人がある日突然全く飲まない日を作ったとき、血管が拡張してしまうことで頭痛につながるのです。

as0085

片頭痛の特徴

片頭痛は、こめかみから目のあたりがズキンズキンと心臓が脈打っているように痛みます。

頭の片側だけ痛む場合もありますが、両側が痛むこともあります。

頭痛以外に、吐き気や嘔吐、下痢などの症状が生じるケースもあります。

一度痛み出すと2~3日程度続くのも、片頭痛の特徴的な症状です。

スポンサーリンク

緊張型頭痛の原因と特徴的な症状

緊張型頭痛の原因

緊張型頭痛は、頭の横の筋肉や肩、首の筋肉が緊張することによって起こります。

筋肉の拡張によって血流が悪くなることで、頭痛が生じます。

筋肉が拡張する原因としては、精神的・身体的なストレスが考えられます。


コンピュータの操作など、長時間同じ姿勢でいる場合などにも起こりやすくなります。

緊張型頭痛の特徴

緊張型頭痛は、午後から夕方頃に、目の疲れや倦怠感などと一緒に症状が現れやすくなります。

頭痛以外の症状は特に現れませんが、頭痛が数ヶ月続くというように、慢性化する危険性も高い病気です。


予防法と対処方法はこちら
【片頭痛】と【緊張型頭痛】それぞれ違う予防法と対処方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする