みぞおちが痛い・むかつき・吐き気・食欲不振の症状は急性胃炎?

みぞおち(おなかの上の方)部分が急に痛くなって、吐き気がするし食欲もない…。

それは急性胃炎かも知れません。

急性胃炎の原因・症状・治療方法は…?

スポンサーリンク

急性胃炎とその症状

2163

急性炎とは

胃粘膜に急激な炎症が起こることにより、痛みが引き起こされた状態です。

粘膜に充血や浮腫などがみられますが、慢性胃炎特有の症状である固有胃腺の委縮・腸上皮化生変化はみられません。

慢性胃炎は急性胃炎が治らず長引いているもの」と考える人も多いようですが、原因も胃の中で起こっている症状も全く違う、別の病気です。

イカの刺身を食べたらお腹に激痛が…!胃アニサキス症の治療は?

急性胃炎の症状

急性胃炎の症状には、

● みぞおち(おなかの上の方)の不快感や痛み
● むかつき
● 吐き気・おう吐
● 吐血
● 食欲不振

…などがあります。

スポンサーリンク

急性胃炎の原因

急性胃炎の原因としては、主に下記のようなものがあります。

ウイルスや細菌によるもの

風邪のウイルスも、種類によってはお腹が痛くなるものがあります。

いわゆる「おなかの風邪」ですね。

細菌性の食中毒によって胃が痛くなることもあります。

飲食によるもの

消費期限が過ぎていたり、保存状態が悪く、傷んでしまった食べ物・飲み物によって胃痛が起こることがあります。

また、刺激の強い香辛料やニンニクなどのとりすぎが原因になることも。

さらに、暴飲暴食やアルコール度数の高いお酒などによって急性胃炎が引き起こされることがあるので、忘年会シーズンなどは注意が必要ですね。

まれには、強酸性・アルカリ性などの洗剤、除草剤などの誤飲によるものもあります。

医薬品

体の不快症状を治すための医薬品が、胃炎を引き起こすこともあります。

薬の種類は、風邪薬、鎮痛剤、抗菌薬、抗がん剤などさまざまです。

ストレス性胃炎

不規則な生活習慣、睡眠不足、仕事や肉体的なストレスなども胃炎の原因になることがあります。

喫煙によって症状が悪化する事があるので、胃の痛みを感じたら喫煙は控えましょう。

アレルギー反応

牛乳や卵、サバなど魚介類に対するアレルギーを持っていると、アレルギー反応が胃炎となって現れる場合があります。


はっきりとした原因を知るためには、血液検査や腹部超音波検査、内視鏡検査などによる医師の診断を受けることが大切です。

症状が重篤な時は自己判断を避け、医療機関で診てもらいましょう。

急性胃炎の治療方法

急性胃炎は、程度にもよりますが、胃を休めて安静にしていれば2、3日で治るものがほとんどです。

水分補給には、人肌程度に温めた経口補水液(スポーツドリンクなど)を少しずつ飲んで様子を見ましょう。

胃の安静が必要な状態ですので、半日程度絶食して胃を休め、落ち着いてきたら消化の良いものから少しずつ食べてみるのがおすすめです。

激しいおう吐や激痛を伴うなど、症状がひどい場合や、急性胃炎を何度も繰り返している場合は、胃腺組織の破壊や減少、消失につながってしまう場合もあるため、適切な治療を受けてください。

症状がおさまっても、しばらくは香辛料などが多く使われているような刺激の強い食事は避け、飲酒・喫煙も控えましょう。

胃のもたれ・痛み・不快感…慢性胃炎の原因と症状は?

お腹のチクチクする痛み…胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因と症状は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする