女性の感染者も増える水虫…毎日入浴すればうつらない?予防法は?

長時間のブーツ着用や、仕事内容の男女平等化と共に女性にも増えているという水虫。

「毎日入浴していればうつらない」「清潔にしていればうつらない」とか言われていますが、実際はどうなのでしょうか…?

ここでは、私が実際に体験した水虫感染の経緯を元に、簡単な感染予防についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

水虫に感染するきっかけ

2149

水虫は、白癬菌(はくせんきん)と言うカビの一種が皮膚にくっつき、その胞子を皮膚の中に伸ばしていくことで感染します。

白癬菌が皮膚についてから、皮膚に定着する(実際に感染してしまう)までにかかる時間は約24時間

足に白癬菌がついても、24時間以上放置しないと感染しないわけですから、毎日お風呂でキレイにしていればまず感染することはないのかと思ってしまいますが、足にすり傷があったりすると、白癬菌が皮膚内に入り込みやすくなり、約12時間で感染してしまうこともあるそうです。

白線菌は、水虫菌を持っている家族や、共同浴場の足ふきマットなどを介して人から人に感染します。

過去に水虫の感染歴があって完治している人でも、白癬菌の保菌者となってしまうため、家族に感染歴がある場合は注意が必要です。

水虫感染の経緯:私の場合

私の主人は、以前2回ほど水虫を患ったことがあります。

とは言え、主人は実際に皮膚科で診てもらったわけではないようなので、「水虫と思われる皮膚疾患」にかかっていた、というのが正確なところ。

というのも、水虫に感染したと思って皮膚科を受診すると、診察の結果、実は水虫ではなかった…というケースが約半数近くもあるのだそうです…!!

主人に水虫感染歴があるということは、主人は白癬菌の保菌者ということになります。

感染歴がある人は、完治しても白癬菌を保持し続けているらしく、毎日歩いて家の中にまき散らしているということになるのです。

そんな環境でも、毎日お風呂に入って清潔にしていれば、足にすり傷などがない限り感染することはない…はず、ですよね。

もちろん私は毎日お風呂に入っていました。

でも、私は感染してしまいました。

それまで何年も一緒に暮らしてきて、一度も感染することはなかったのに、ある時突然うつってしまったのです。

感染した理由としては、思い当たることがふたつほどあります。

一つ目は、近年「毎日石鹸で体をゴシゴシ洗うのは皮膚に良くない」と言われるようになり、お風呂に入っても石鹸で体を洗うことが少なくなったこと。

そしてもう一つは夜間頻尿対策でした。

私は40代になったあたりから、夜トイレに何度も起きる「夜間頻尿」に悩まされるようになりました。

夜間頻尿対策には、日中足にたまったむくみ・つまり水分を、横になったり足を高くする姿勢でしばらくいることで、足の水分を夕方のうちに上半身に戻し、寝る前までに尿として排出してしまえば治ることが多いのです。

そのため、入浴中は足首を浴槽の上にのせて過ごすようになっていたのです。

入浴しても、つま先は湯船の外に…

2150

私が水虫らしきものに感染したのは、この夜間頻尿対策をするようになってしばらくしてからのことでした…。

それまで水虫に感染しなかったのは、たとえ毎日石鹸で洗っていなくても、湯船の中に10分、20分と浸かることで足についた菌がはがれるチャンスが増え、清潔が保たれていたからではないかと考えています。

スポンサーリンク

水虫に感染しないために注意すべきこと(予防法)

足を清潔に保つ

水虫感染予防のためには、毎日の入浴ではしっかり湯船に浸かるようにしましょう。

家族に感染歴のある人は特に要注意です。

湯船に浸かれない時は、足だけでもしっかり洗うようにしましょう。

ただし、ナイロンたわしでゴシゴシこすると、目に見えない小さな擦り傷ができてしまうことがあり、白癬菌が皮膚内に侵入しやすくなってしまいます

足を洗う時は、泡を手で転がすようにやさしく洗いましょう。

忙しくてどうしてもお風呂に入れない時でも足だけは必ず洗うか、アルコール除菌などで消毒するようにしましょう。

靴をローテーションさせる

靴は一日はいているとムレて、白癬菌に限らず色々な雑菌が繁殖しやすくなります。

2~3足買いそろえておき、毎日同じ靴をはくのではなく、ローテーションさせることで雑菌の繁殖を防ぐことができます。

続けて同じ靴をはく時は、必ずアルコール除菌などで除菌しておきましょう。

床を清潔に

家の床はできるだけ毎日ふき掃除をしましょう。

今はクイックルワイパーなどのようなフロアモップがあるので、床ふきも簡単ですね。

足ふきマットは毎日取り換え、洗濯する

足ふきマットはマメに取り換えましょう。

できれば毎日取り換えましょう。

水虫持ちの家族がいる場合は、同じマットを使わないようにしましょう。

洗濯機でジャブジャブ洗えるタオル地の足ふきマットがおすすめです。

爪水虫に『クリアネイルショット』


水虫やアトピーが治っていてもかゆみは残り続ける!?治療法は?

私が水虫に感染してから完治まで10か月もかかってしまった理由

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする