スズメバチの巣を見つけたら…遭遇した時・刺された時の対処法

今年はスズメバチの被害が急増しているそうです。

刺されると死に至ることもあるというスズメバチ…。

もし巣をみつけたら・出会ってしまったら・刺されてしまったらどうすれば良いの…!?

スポンサーリンク

スズメバチは通常、主に夏から秋(8月~10月上旬)に活発に動き回ります。

2142

ところが今年はスズメバチの動きが活発なため、10月も下旬に差し掛かった今でも注意する必要があるそうです。

もし目の前にいるハチがミツバチではなくスズメバチだと思ったら、迅速に対応するようにしてください。

2143

ミツバチ。小さくてまるっこいです。シマ模様は黄色と言うより茶色がかったオレンジ。

2144

スズメバチ。細長くて大きく、シマ模様がくっきり。(小型のスズメバチもいます。)

スズメバチの巣は意外なところに…

スズメバチの巣は、目に見えるところにあるとは限りません。

土の中、木や切り株の中だけでなく、住宅ののき下や屋根裏など、雨風がしのげて温かい閉鎖的な場所であればどこにでも巣を作っってしまうことがあるため、レジャーに行った時だけ気を付ければ良い…、というものでもなくなってきています。

さらにスズメバチの脅威は、刺された時だけではありません。

尻尾から毒液を噴射することがあり、この毒液が目などにかかれば、最悪の場合失明してしまうこともあるので、見かけたら注意が必要です。

スズメバチが住宅地に進出してきている!?

近年、スズメバチが住宅や庭に巣をつくるケースが増えてきています。

それは、土地開発によって山林などの自然が減少し、スズメバチの適正な生息地が減ってきているためです。

便利を追い求めれば、何らかの形で代償を払うことになるのが自然界のルールと言えるのかもしれませんね。

スズメバチが住宅に巣をつくる時は、雨戸の戸袋や通風孔など、人目に付きにくい場所に作ってしまうことがあるので、自宅の周辺で1匹でもスズメバチを見つけたら注意が必要です。

もし万が一スズメバチの巣を自宅周辺で見つけたら、絶対に自分で駆除しようとしてはいけません。

必ず専門業者に連絡し、プロの技術で取ってもらってください。

スポンサーリンク

スズメバチに刺されないための対策

服装に注意!

スズメバチは、黒いものを敵と思って攻撃してきます。

これは、ハチの天敵であるクマが黒いためであると言われています。

2146

スズメバチが出そうな場所に行くときは、昼間はできるだけ明るい色の服装を選びましょう。

日本人はほとんどの人が黒髪または茶髪なので、明るい色の帽子をかぶりましょう。

ただし、夜は服の明るさが逆に目立ってしまうため、暗くなったらダークな色合いの服装が良いそうです。

ややこしい…(汗)。

山林にレジャーに行くときは香水をつけない

ハチが出そうな場所に行くときは、香水はNGです。

強い匂いはスズメバチを引き寄せてしまいますので、香りをつけないで出かけましょう。

スズメバチに遭遇してしまった時の対処法

スズメバチに会ってしまったら、まずは落ち着いて姿勢を低くし、あわてずゆっくり後に下がり、徐々に距離をとっていきます。

万が一攻撃してきたら、全力で走って逃げます!!!

2145

スズメバチに刺されてしまった時の対処法

もしスズメバチに刺されてしまったら、以下の方法で対処してください。

1.患部を清潔な水で洗い流す
2.患部をつまんで毒を絞り出す
※口で吸いだすと、口内炎などの傷があった場合、雑菌が入ってしまうことがあるので要注意です。
3.患部を冷やす
4.すぐに病院で治療を受ける

以上です。

命にかかわることもあるので、たかがハチと思わず、もし住宅地などで見かけたらできるだけ早く対処しましょう。

致死率3割!人食いバクテリア・溶連菌の予防方法は…?

致死率30%!殺人マダニが媒介して起こるSFTSとは

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする