足のむくみの原因は?簡単むくみチェック方法と改善方法

朝すんなりはけたはずのブーツが、夕方になるとなぜか入らなくなっている…!?

靴下を脱ぐと、ゴムのあとがいつまでも残っている…(汗)。

それはズバリ、むくみによるもの。

簡単なむくみチェック方法で、今すぐ足のむくみを確認してみましょう!

スポンサーリンク

足のむくみチェック方法

足がむくんでいるかどうかを、簡単にチェックする方法があります。

足のすねの内側を、指3本で5秒間、強めにグッと押します。

2118

5秒たって手を放すとすぐ元に戻るようであればむくみなし。

指のあとがくぼみとなって残るようであれば、むくんでいるということになります。

2119

はいていた靴下を脱いだ時、靴下のゴムの後がくっきり残っている場合も、むくみの兆候となりますので、今はいている靴下を下げてチェックしてみてください。

むくみは足と顔にあらわれやすい

足のむくみは重力が原因

「むくみ」と言うと、足のむくみを気にする人が多いのですが、なぜ足にむくみが出やすいのでしょうか?

むくみは、血管(静脈)やリンパの流れが悪くなることで、余った水分を対処しきれなくなった毛細血管から、水分が染み出すことで起きるのが原因と言われています。

とりわけ足がむくみやすいのは、私たちの体が重力の影響を受けているから。

本来血液は、一度末端まで流れると、今度は心臓に戻らなくてはならないのですが、心臓から一番遠く、地面近くに位置する足から血液を戻す作業は、重力に逆らって起きる流れのため、流れが滞りやすく、むくみやすくなってしまうのです。

顔のむくみも重力が原因!?

一方で、顔のむくみは朝起きた時にかがみを見ると気づくことが多いですよね。

夕方にかけて顔がむくんでいく…ということはあまりないはず。

顔がむくむ原因も、実は重力。

夜眠っている間に、うつぶせ寝などをしていると、重力で顔に水分がたまってしまうために起きると言われています。

スポンサーリンク

ふくらはぎの筋肉を鍛えればむくみは解消する

静脈の流れを良くし、むくみを改善する働きのカギとなるのは、ふくらはぎの筋肉です。

ふくらはぎの筋肉が収縮することによって、静脈に対するポンプ作用となり、血液を押し流しています。

これを筋ポンプと言います。

重力に逆らって血液を心臓に戻すためには、ふくらはぎの筋肉量が大切なのですね。

2120

むくみやすい人は、運動不足傾向にあります。

適度な運動を生活に取り入れ、脚の筋肉をきたえる生活にシフトしましょう。

また、日中足をあまり動かすことなく、立ちっぱなし・座りっぱなしの生活をしている人はむくみやすいので要注意です。

塩分過剰もむくみの原因に!

普段、塩分をとりすぎる生活をしていると、むくみやすくなります。

2121

血液中の塩分濃度が高くなると、体は塩分濃度を一定に保つために、まわりの組織から水分をとりこみ、血液の量を増やそうとします。

血液の量が増えれば、やはりむくみの原因に…。

塩分排出には、野菜に多く含まれるカリウムをとるのがおすすめ。

味付けを控えめにするだけでなく、食卓に野菜を増やすことで、血中の塩分濃度を下げることができます。

まとめ

むくみの予防・改善には、

● 適度な運動で筋肉をつける
● 塩分のとりすぎを控える
● 野菜をたくさん食べる
● 顔のむくみには、うつぶせ寝を避ける
● 座りっぱなし・立ちっぱなしを避け、足を動かす

などが有効です。

座りっぱなし・立ちっぱなしが避けられない時は、座ったまま・立ったままでも良いので、つま先を上げ下げしたり、反対にかかとを上げ下げしたりして、筋肉のポンプ機能を補助してあげましょう。

2125

あまりに足のむくみがひどい時は、深刻な病気の可能性も!?

炭水化物抜きでやせるのは無理!正しいダイエット方法は?

ストレスなしで無理なくやせる!氷こんにゃくダイエット方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする