お腹の痛みがどんどん強くなる…吐き気・下痢に発熱【虫垂炎の症状】

なんとなくお腹の上の方が痛い気がする…へそのまわりが痛くなってきた…?と、思っていたら、吐き気や下痢、発熱まで…。

しかもお腹の痛みはおさまるどころかどんどんひどくなる…!

それはもしかしたら、俗にいう盲腸、つまり虫垂炎かもしれません…!!

スポンサーリンク

盲腸に続く虫垂が炎症を起こして虫垂炎に。原因は不明

虫垂は、おなかの右下部分にある、盲腸(大腸が始まる部分)の先端にくっついている小さな臓器です。

2172
引用元:theguardian.com

虫垂炎は、この虫垂が炎症を起こした状態です。

「盲腸」と呼ばれることも多い病気ですね。

ごく一般的にみられる病気で、特殊なものではありませんが、治療が遅れると穿孔(せんこう=穴が開くこと)を起こし、腹膜炎などに発展してしまうこともあるので注意が必要です。

虫垂炎の原因はよくわかっていませんが、虫垂が何らかの細菌に感染して起こると考えられており、暴飲暴食や疲労、風邪などの感染症、便秘などがきっかけとなって発病することが多いようです。

青年期に多く、幼児期および老年期にかかる人はあまりみられません。

しかしながら、小さな子供がいちど虫垂炎にかかると進行が早いため、早急に処置する必要があります。

スポンサーリンク

痛みがどんどん強くなる、虫垂炎の症状

虫垂炎にかかると、初期においてはおなかの上の方やへその周辺あたりが痛くなり、吐き気やおう吐、下痢、発熱などを伴います。

時間が経つうち、痛みは虫垂のある腹部右下に集中していき、痛みの強さもしだいに大きくなっていきます。

2171

受診は内科・外科、女性なら婦人科でも

虫垂炎と考えられる症状が起きたら、すぐに病院を受診しましょう。

内科または外科を受診しますが、女性であれば、婦人科系の病気には虫垂炎に似た症状のものがありますので、まずは婦人科を受診してみるのも良いでしょう。

治療は手術が一般的ですが、最近では開腹せず腹腔鏡手術などで術後の負担を軽くしたり、そもそも手術せずお薬で炎症をおさえる治療法も増えてきています。

お薬で炎症をおさえる方法の場合、再発することもありますので、治療方法については医師によく確認してください。

普段あまり経験したことのない強さの痛みを感じたら、できるだけ早急に受診しましょう。

急激な腹痛とともに血便が…!若い女性も危ない虚血性大腸炎とは?

粘液混じりの血便・腹痛に発熱…頻繁にトイレに通う潰瘍性大腸炎とは

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. もちぽん より:

    盲腸は痛いよ、本当に。
    大竹の言うような、ヤバイ感じ。

    • kaoru より:

      そうなんですね。
      実は私は虫垂炎(盲腸)の経験がないのです。
      青年期に多く、老年期ではあまり見られない病気という事なので、青年期でも老年期でもない私は微妙な時期です。
      このまま何ごともなく平和に過ごせると良いのですが。