花粉症対策におすすめ!カスピ海ヨーグルトの効果は実験でも証明

便秘対策など美容と健康のためにカスピ海ヨーグルトを食べているという人は少なくないでしょう。

カスピ海ヨーグルトは少しだけ残しておいてそこに牛乳を入れておいておけば簡単に、ほぼエンドレスで作り続けることができるので、私も毎日たべています。

ところでこのカスピ海ヨーグルト、実は花粉症対策にも効果があるのです!

今まで便秘知らずだった人でも、花粉症に悩まされているなら必見!

スポンサーリンク

花粉症はなぜ起こる?原因は?

そもそも花粉症とは、体の免疫機能が過剰反応を起こすアレルギーのひとつ。

体内に入ってきた花粉を免疫細胞が異物とみなして攻撃し、追い出そうとするため、鼻水やくしゃみ、目の痒みといった症状となって表れるんですね。

2226

特に花粉症の人は、Th1細胞Th2細胞の2つの免疫細胞のうち、Th2細胞の方が多くなっているのだそう。


この免疫細胞のバランスの乱れも花粉に対するアレルギー反応を起こす原因になっているのです。

免疫反応は、若く元気な時ほど旺盛で、年齢と共に徐々に緩やかになって行くので、ある程度歳を取れば自然におさまっていきます。


……とは言え、歳をとるのを待ってなどいられません~!

スポンサーリンク

カスピ海ヨーグルトに花粉症の症状をやわらげ、改善する効果が!?

そこでカスピ海ヨーグルトの出番です。

ヨーグルトには、善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌がたくさん含まれていて、腸内環境を整えてくれることはよく知られています。


実はこの乳酸菌やビフィズス菌には腸内の免疫系を刺激することで免疫細胞を活性化させる働きもあるのです。


免疫細胞を活性化させ、そのバランスの乱れを整えることで、花粉に対する異常反応を抑えることができるんですね。

ヨーグルトの中でも、カスピ海ヨーグルトは特にその効果が高いと言われています。

実験でも検証・証明されたカスピ海ヨーグルトの効果

花粉症の人は、その免疫細胞の過剰反応によって体内で「Ige抗体」という物質がたくさん作られてしまうそうです。


花粉症の人にカスピ海ヨーグルトを毎日食べてもらうという実験を行ったところ、体内のIge抗体の数が減少していることが分かったのだそうです。


このように花粉症対策にも有効とされるカスピ海ヨーグルトですが、その効果が実感できるのは最低でも1ヶ月以上食べ続ける必要があります


花粉が飛び始める時期は地域によって異なりますが、おおむね2月前後からが多いようです。


逆算すると、1月には食べ始めるのが良さそうですね。

お正月が来たらカスピ海ヨーグルトの季節!
と覚えておきましょう。

特にヨーグルトが嫌いでなければ、花粉症の時期だけでなく年間通して毎日食べておくとより良い結果が出せるかもしれません。


腸内環境を整え、便秘を改善すれば花粉症も改善する!?
便秘がすぐに改善する!小林弘幸先生の【金スマ便秘解消術5つ】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする