ノロウイルス感染による食中毒にならないための予防と対策方法

ノロウイルスの原因と症状・感染してしまった時の対処法』でもご説明した通り、ノロウイルスは人から人へ感染する、強い食中毒症状を引き起こすウイルスです。

ノロウイルスにかかると体力の消耗も激しく、家族にも感染するリスクが高まるので、ノロウイルスに感染しないよう、予防法と対策方法を確認しておきましょう。

スポンサーリンク



ノロウイルス予防には【手洗い・除菌・加熱】でウイルス除去を!

調理前・調理中の手洗いと調理器具の洗浄はしっかりと

ノロウイルスが原因の食中毒を防ぐためにはまず、食品を取り扱っている人(調理者)の衛生管理が大切です。

加熱が必要な食品はしっかりと中心部まで加熱するようにしましょう。

調理前の手洗い、生肉・生魚を取り扱った後の調理器具や手の洗浄などをしっかり行うことで、食品や食器類からの二次感染を予防します。

as0204

とりわけご家庭に小さなお子様やお年寄りがおられる場合、ウイルスに対する抵抗力が弱いので、感染しないように細心の注意を払いましょう。

 

手洗いの習慣を身につける

ノロウイルスに感染しないための基本は、まめな手洗いが最も効果的です。

家族全員が、きちんと手洗いをする習慣を身に着けましょう。

調理を行う前、食事の前、トイレの後、帰宅直後などには必ず手を洗うようにします。

2207

 

ていねいに洗うよりマメに洗う

よく、「手洗いのしかた」のガイドラインなどに、「爪の間から手首・手のしわまで意識してシッカリ低洗いを!」と、図解で説明してあるものを見かけますね。

毎回あれだけていねいな手洗いができていれば理想ですが、実際にはそんなにていねいな手洗いができている方は少ないのではないでしょうか。

ていねいな手洗いは決して悪いことではありませんが、そのたびに時間が取られて面倒に感じてしまったり、さらには手荒れなどを引き起こして、手洗いから遠ざかってしまっては本末転倒です。

 
手肌が荒れると、手洗いがおっくうになるだけでなく、荒れて乾燥したところから菌が繁殖しやすくなるという側面もあります。

as0205

 
ていねいであっても回数の少ない手洗いよりは、サッと洗いでもマメに手洗いをした方が良いとも言われていますので、『調理前と帰宅時だけはていねいに手洗いする』『それ以外の時はサッと洗いでOK』と決めて、マメに手を洗うようにしましょう。

 

タオルは共有しない

感染症が心配な時期は、タオルの共有は控えましょう。

一見清潔に見えるタオルでも、手と同様、見えない菌やウイルスがたくさんついていることがあります。

『ノロウイルスが流行している』と言われる時期だけでも、使い捨てのペーパータオルで手をふくなどして、感染から家族を守りましょう。

洗面所のタオルは、マメに取り換えましょう。

スポンサーリンク



環境を整える・公共のものに触れない・触れたら洗う

手洗い・加熱調理以外にも気を付けるべき点があります。

それは『環境を洗浄する』ということです。

 
トイレの便座や水道の蛇口、ドアノブなど、共同で使ったり複数の人が触れたりする箇所は特に、洗ったり除菌したりして、清潔に保ちましょう。

as0206

 
公共の場所では、エレベーターのボタンやエスカレーターの手すりなどにも気を付けましょう。

不特定多数の人たちが触るようなものにはできるだけ触れないようにするのがベターですが、まったく触れないで過ごすのも不可能ですね。

そうなると、やはり帰宅後の手洗いが大切になってきます。

 
ノロウイルスにはアルコール除菌は効果が薄いので、『とにかくせっけんで洗い流す』ことが何よりの予防策になるのです。

 

健康管理をシッカリと!

感染症の予防には、健康管理をしっかりと行うことも大切です。

同じようにノロウイルスに感染しそうな場所にいても、感染する人とそうでない人の違いは、免疫力がカギになっていることもあります。

基本的な正しい生活習慣が身についていて、栄養バランスのとれた食生活を送り、適度な運動を心がけている人は、それだけでノロウイルスをはじめとする感染症にかかりにくい体質に近づくことができます。

2025

 

『清潔』に対して神経質になりすぎてもダメ!?

ここまで『手洗いをシッカリと』『環境を清潔に』とお伝えしてきましたが、一方で『清潔すぎる環境に身を置いていると免疫力が下がる』とも言われています。

例えば、野菜などは泥つきのものを普段から料理に使っている方が免疫力が上がるのです。

 
ですから、ある程度身の回りを清潔にしているのであれば、過剰に神経質になりすぎる必要はありません。

万が一ノロウイルスに感染してしまったら、水分補給を心がけながら安静にして過ごしましょう。

 

抗菌せっけんを使うのは効果がないどころか害がある!?

AFP時事ニュースに、以下の記事が掲載されていました。

「薬用」「抗菌」と名のつくせっけんにこだわりすぎると、かえって良くないかもしれないというオドロキの内容です。

手を洗うせっけんは、ごく普通のせっけんで充分、ということのようです。

AFP=時事 2016年9月4日(日)13時31分配信

「効果の科学的証拠なし」、抗菌せっけんの販売禁止 米国

【AFP=時事】米食品医薬品局(FDA)は2日、19種類の殺菌剤を含有する抗菌せっけんなどの販売を禁止すると発表した。通常のせっけんと比べて優れた殺菌効果があるとは言えず、健康に悪影響を及ぼすリスクがあると警告している。

 19種類の殺菌剤のうちトリクロサンとトリクロカルバンは抗菌効果をうたう固形せっけんや液体せっけんに広く使用されているが、免疫系に打撃を与える恐れがあるという。

 FDA医薬品部のジャネット・ウッドコック(Janet Woodcock)氏は、「抗菌せっけんには細菌増殖を防ぐ効果があると消費者は考えているかも知れないが、通常のせっけんと水で洗うよりも有効であることを裏付ける科学的根拠はない」と明言した。その上で「殺菌剤が長期的には益より害になる可能性を示したデータもある」と説明した。

 今回の販売禁止対象には、病院などの医療機関で使用されている手の消毒薬などは含まれていない。抗菌せっけんのメーカーには1年以内の対応が義務付けられるが、問題となった殺菌剤の使用をやめる動きも既に始まっている。

 FDAは「通常の石鹸と流水で洗うことは疾病を予防し、感染拡大を防ぐ上で最も効果的な方法の一つだ」と述べた。また、石鹸と水がない場合には、アルコール濃度が60%以上の消毒薬を使ってもよいと付け加えた。

ノロウイルスにかかったしまった時はどうすれば良い?


 
スポンサーリンク