ネイチャースイートソースとは|甘くて低カロリーな甘味料

「ネイチャースイートソース」という甘味料が話題になっています。

ですがネイチャースイートソースは、新しいスーパーフードではありません。

すでに私たちの身近にあるものばかり。

お砂糖を使うより体に良い、身近な「ネイチャースイートソース」とは…?

スポンサーリンク



※当記事は、2017年月28日放送「健康カプセル!ゲンキの時間」を参考にしています。

ネイチャースイートソースとは

ネイチャースイートソースとは、自然由来の天然甘味料のことを言います。

具体的には、メイプルシロップハチミツ甘酒など、人口的に甘さを加えなくても十分な甘みがあるものを指します。

※1歳未満のお子様には、絶対にハチミツを与えないでください。

メイプルシロップとハチミツの健康効果

カエデの樹液を煮詰めたて作られるメイプルシロップと、ハチが集めた花の蜜・ハチミツには、以下のような健康効果が期待できます。

・(砂糖と比べて)低カロリー
・血糖値が上がりにくい
・高血圧予防
・免疫力アップ

カロリーと甘さ・GI値の比較

砂糖・メイプルシロップ・ハチミツの、それぞれのカロリー、糖度(甘さ)、GI値を比較です。

GI値とは、食べた後食品が体内で糖に代わり、血糖値が上昇するスピードを計測した値です。

数値が低いほど、血糖値の上昇がゆるやかとなり、肥満や糖尿病などの生活習慣病予防につながります。

カロリー 糖度 GI値
砂糖 384kcal 67.6% 109
メイプルシロップ 257kcal 56.8% 46
ハチミツ 294kcal 70.2% 88

(※カロリーは100g中の数値です。)

メイプルシロップもハチミツも、砂糖より低カロリー・低GI値なのに、糖度はしっかりあります。

少ない量でもしっかり甘みがほしい時はハチミツ、血糖値が気になる方はメイプルシロップと、使い分けてみるのも良いですね。

スポンサーリンク



メイプルシロップとハチミツの病気予防効果

高血圧予防にメイプルシロップ

メイプルシロップには、体内の塩分を排出して高血圧を予防するカリウムをはじめとするミネラル類が豊富に含まれています。

血圧を気にしている方には、メイプルシロップがおすすめ!

※腎臓に病気がある方は、カリウムの摂取量に注意してください。

免疫力をアップさせるハチミツ

京都産業大学総合生命科学部 医学博士・獣医学博士 竹内実先生によると、研究により、ハチミツに免疫作用を活性化させる効果があることがわかっています。

ハチミツは、免疫細胞のひとつである好中球を活性化させ、免疫力を高めてくれるのです。

メイプルシロップやハチミツを砂糖代わりに使う

体に良いネイチャースイートソース、メイプルシロップやハチミツを砂糖代わりに使ってみましょう。

料理にコクが出るメイプルシロップ

メイプルシロップには、糖分はもちろん、アミノ酸もたっぷり含まれていますが、糖とアミノ酸を加熱することによって、香ばしいと感じる「香気成分」が生まれ、料理にコクが出ます。

肉を柔らかくするハチミツ

ハチミツには、肉を柔らかくする効果があります。

ハチミツに含まれるブドウ糖と果糖が、肉の繊維質に入りこみ、焼いた時のたんぱく質の凝固を防ぐ働きがあるのです。

さらに、ハチミツには肉を分解する酵素「プロテアーゼ」も含まれており、ダブルの効果で肉を柔らかくします。

ステーキを焼く前に、塩・コショウをふり、ハチミツを薄く塗って、15分~20分くらいおいてから焼くと、肉が柔らかく焼き上がります。

飲む点滴・甘酒の健康効果

日本に昔からあるネイチャースイートソースの代表は、「飲む点滴」と言われるほど健康効果が高い甘酒です。

栄養豊富な甘酒

甘酒には、ビタミンB群、アミノ酸、ブドウ糖、オリゴ糖などがたっぷり含まれる上、発酵しているので、栄養の吸収率が高いという特徴があります。

栄養たっぷりで即吸収されることから、「飲む点滴」と呼ばれているのです。

夏は胃もたれしやすかったり、夏バテしやすい時期ですので、すぐ栄養補給できる甘酒を飲みましょう。

米麹から作る甘酒のメリット

甘酒には、酒粕(さけかす)から作られる甘酒と、米麹(こめこうじ)から作られる甘酒がありますが、米麹から作る甘酒には、砂糖が使われていません。

米麹の甘酒には、消化酵素となるペプチドが多く含まれ、デンプンを分解する力が強いので、食べ物の消化吸収が早く、さらに、血圧の上昇を抑える効果が期待できます。

酒粕から作る甘酒のメリット

酒粕から作る甘酒には、レジスタントプロテインというたんぱく質が含まれています。

レジスタントプロテインには、脂を吸着して体外に排出する効果があり、悪玉コレステロールを減らして肥満を予防する効果が期待できます。

甘酒の飲み方

温め過ぎず・常温で飲む

甘酒は、温め過ぎることで栄養価が変わり、特有の健康効果がなくなってしまうことがあります。

また、冷たく冷やした甘酒は、ペプチドの作用を鈍らせてしまうので、冷蔵庫から出し、常温にして飲むのがおすすめです。

きな粉で栄養価アップ!

甘酒に、きな粉を加えて飲むと、より健康効果がアップしておいしくなるのでお勧めです。

きな粉には、食物繊維が豊富で、腸内環境を改善する効果が期待でき、また、女性ホルモンに似た働きを持つイソフラボンも豊富なので、美容にも良いとされています。


これを機に、お砂糖をハチミツやメイプルシロップに変え、ジュースを甘酒に変えて、美容・健康生活を楽しみましょう!


 
スポンサーリンク
 

 
肌荒れ・老け顔・イライラ・ポッコリおなか…
腸内環境を改善すれば、あらゆる不調が改善する!?

【小林弘幸先生の便秘改善方法】

1件のトラックバック