栄養アップ鍋料理で健康美人に!【世界一受けたい授業:佐藤秀美先生】

冬はやっぱり、鍋料理がおいしいですね!

鍋は野菜やたんぱく質がたっぷり摂れるので、それだけでも充分に栄養価が高いメニューなのですが、プラスアルファすることで、より高い健康効果・美肌効果を得ることができます。

お悩み別・目的別:鍋料理にオススメのプラス食材で、健康美人を目指しましょう!

スポンサーリンク



 
※当記事は2017年2月4日放送『世界一受けたい授業』を参考にしています。
講師は栄養士 佐藤秀美先生です。

冷え性におすすめ:みかん鍋

山口県周防大島の名物料理は、みかん入りの鍋:「みかん鍋」です。

地元では、鍋に入れてそのまま食べられる種類のみかんが栽培され、ブランドのしるしにもなっている焼印付きで販売されています。

as0725

みかんは、皮ごと食べるのがポイント。

みかんの皮の内側の白い部分やスジの部分には、ヘスペリジンという、血流を良くする効果が期待できる成分が豊富に含まれており、冷え性の改善につながります。

地元の鍋専用みかんが手に入らない時は、低農薬で皮が薄いみかんを選んで鍋に入れるようにしましょう。

免疫力アップに:ヨーグルト入り坦々鍋

免疫力アップには、からい坦々鍋にヨーグルトを入れて食べるのがおすすめです!

豆板醤とひき肉を炒めて作ったピリ辛の坦々スープに、プレーンヨーグルトを加えた中華風のお鍋です。

as0726

 
豆板醤の辛味をヨーグルトがまろやかにし、濃厚なコクと風味が加わります。

 
ヨーグルトには、免疫機能を高める乳酸菌が豊富に含まれているので、免疫力アップ効果が期待できます!

スポンサーリンク



風邪予防に:カマンベールチーズ入りミルフィーユ鍋

人気のミルフィーユ鍋は、白菜と豚肉が主役。

白菜に含まれるイソチオシアネートフラボノイドなどには、免疫細胞を活性化させる効果が期待できるので、白菜単体でも風邪予防にはおすすめの食材。

佐藤秀美先生おすすめのミルフィーユ鍋は、白菜・豚肉(ばら肉)・ベーコンを重ねて切り、鍋に敷き詰めて鶏がらスープで煮込みますが、なんとここにカマンベールチーズを投入します!

as00727

カマンベールチーズには、免疫活性を高める効果が期待できるペプチドや乳酸菌が豊富に含まれており、風邪の予防効果が期待できます。

白菜に火が通ってきたら、鍋の真ん中にスペースを開け、食べやすい大きさに切ったカマンベールチーズを入れてひと煮込み。

チーズがとろ~りとろけてきたら出来上がりです。

黒こしょうをかけて食べるのもおすすめ。

シメにご飯を入れて煮込めば、チーズリゾット風にもなり、味のバリエーションが楽しめます。

免疫力アップに:春菊と鶏肉の鍋

免疫力アップには、昆布とお酒のダシ汁に、春菊と鶏肉を入れただけのシンプルな鍋がおすすめです。

春菊には、免疫力を高めるβカロテン、食物繊維が豊富。

 
鶏肉は、免疫細胞の原料となるたんぱく質源ですね。

また、粘膜を強化するビタミンAも豊富に含まれているので、春菊との相乗効果で、風邪予防の効果が期待できます。

肌の老化予防に:パクチー入り塩レモン鍋

as0728

パクチーには、強い抗酸化作用を持つビタミンCとβカロテンが豊富に含まれています。

肌の老化予防には、抗酸化食材が欠かせません。

レモンは煮込んでしまうと苦味が出るので、サッと煮たらよけて食べるのがポイントです。

血液サラサラに:アボカドとトマトのオリーブオイル鍋

アボカドには、血液をサラサラにするオレイン酸・ビタミンEが豊富に含まれています。

そして、血液サラサラ食材といえばトマト。

この二つを組み合わせたアボカドトマト鍋を食べることで、血液をサラサラにする効果が期待できます。

as0729

アボカドとトマトのオリーブオイル鍋の材料

アボカド
トマト
マイタケ
エノキダケ
ズッキーニ
サニーレタス
オリーブオイル
にんにく
唐辛子
長ネギ
アンチョビ
トマトジュース
鶏むね肉とエビのつくね
鶏がらスープのもと
粉チーズ

アボカドとトマトのオリーブオイル鍋の作り方

鍋にオリーブオイルをたっぷり入れ、あらみじんに切ったニンニクとトウガラシを入れて炒めます。

炒めた唐辛子は取り除いておきます。

みじん切りにした長ネギ、アンチョビを入れ、さらに炒めます。

トマトジュースを入れてに爪、水を加えて、塩で味を調えます。

ここに、マイタケ、エノキダケ、ズッキーニ、サニーレタス、鶏むね肉とエビのつくねを入れて煮込みます。

鶏がらスープのもとと粉チーズで味を調えます。

最後に、アボカドと皮をむいたトマトのうす切りをのせて完成です。

 
アボカドとトマトのオリーブオイル鍋の考案者・落合務シェフによると、取り分ける時はスープをあまり入れ過ぎず、具材にオリーブオイルをたっぷりかけて食べるのがおすすめだそう。

 
オリーブオイルとアボカドには、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)値を下げるオレイン酸が豊富で、血液をサラサラにする効果が期待できます。

シメには、短く折ったパスタを入れてゆでて食べましょう。

イタリアン風鍋とパスタが同時に楽しめます。


 

以上です。

冬の定番・鍋のメニューも、日ごと・目的ごとに変えてみると、飽きないし体にもお肌にも良いので、ぜひ色々試してみてくださいね。


 
スポンサーリンク