インフルエンザや風邪が早く治ると話題の漢方薬「麻黄湯」

風邪やインフルエンザにかかってしまった時は、できるだけ早く治したいもの。

風邪の場合は自宅でゆっくり体を休ませるのがベストと言われていますが、インフルエンザなら、タミフルやリレンザなどのようなお薬を処方してもらう事で、症状を早く和らげることも可能です。

しかしながら、それらのお薬を手に入れるためには「病院を受診する」というステップが絶対的条件になります。

高熱と関節痛で、動くこともままならない時に、病院に行くのは結構高いハードルですよね…。

そんな緊急事態でも、もし自宅にインフルエンザの特効薬が常備してあったら、ありがたいと思いませんか!?

スポンサーリンク

漢方薬でインフルエンザや風邪を早く治せる!?

病院に行かなくても、一般的な薬局で買える漢方薬で、インフルエンザの特効薬として期待できるものがあります。

麻黄湯(まおうとう)という有名な漢方薬には、インフルエンザウイルスと闘う免疫機能をアップさせ、インフルエンザを早期に治す効果があるとされているのです。


as0716

麻黄湯


麻黄湯の発熱作用がインフルエンザに効果を発揮する!

漢方薬である麻黄湯に、なぜインフルエンザウイルスを撃退する効果があるのでしょうか。

それは、麻黄湯の持つ発熱作用によるものです。


インフルエンザに感染すると、人の体は、発熱することによってインフルエンザウイルスの力を弱めようとします。

感染すると間もなく高熱が出るのはこのためですが、麻黄湯には、人体の発熱力を強くサポートする作用があり、発熱力を高めながら、発熱の時にかかる体への負担を軽くしてくれます。

さらに、麻黄湯に含まれる桂皮(ケイヒ)が、体温が過剰に上昇し過ぎるのを防ぐため、高熱になりすぎる心配もありません。

スポンサーリンク

麻黄湯は副作用のリスクも少ない!

抗インフルエンザウイルス薬であるタミフルやリレンザには、確率は高くないものの、副作用をもたらす場合があります。

軽度の副作用としては、腹痛、頭痛、下痢、鼻血、吐き気、発疹などを伴う可能性があるとされています。

副作用も軽度なもので済むならまだ良いのですが、タミフルの異常行動による事故、リレンザのアレルギー反応によるアナフィラキシーショックなど、深刻なものも報告されているため、服用後の経過観察には注意が必要です。

※必ずしもすべての副作用において、抗インフルエンザウイルス薬との因果関係が証明されているわけではありません。

一方、麻黄湯は基本的に、杏仁(キョウニン)・桂皮(ケイヒ)・麻黄(マオウ)・甘草(カンゾウ)という4種類の生薬で作られています(同族別種の生薬が使用されることもあります)。

自然の植物を原料とする麻黄湯は、副作用のリスクが極めて低く、小さなお子様でも飲むことができる安全性の高いお薬です。

※高齢者および妊婦の服用は制限されていることがありますので、使用上の注意をよく読んでから服用してください。
※麻黄湯には全く副作用がないというわけではなく、人によっては胃の不快感・食欲不振・吐き気・動悸・不眠・発汗過多などを起こすことがあるとされています。


これまでにも、さまざまな研究によって麻黄湯には抗インフルエンザウイルス薬と同等かそれ以上の効果があることが確認されています。

「インフルエンザ流行の兆し」というニュースが流れたら、一家に一箱常備しておくと安心ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする