妊婦さんや赤ちゃんでも飲める酸化マグネシウム系便秘薬…副作用は?

「便秘薬には副作用がある」

「便秘薬に体が慣れてしまうと量を増やしても出にくくなる」

「長年便秘薬を飲み続けていると、腸が真っ黒になる大腸メラノーシス(黒皮症)になる」

などと言われ、長期にわたる常用は控えた方が良いとされる便秘薬。

でも、どうしても便秘薬に頼りたいと思ってしまうくらい、つらい時もありますよね…。

スポンサーリンク



酸化マグネシウム系の便秘薬ならマイルドで副作用も少ない

便が出なくて苦しくて、今お腹にある宿便を何とか出してしまいたい時は、やはり即効性のある便秘薬の存在はありがたいもの。

副作用は気になるけれど、とりあえず今すぐ出せる便秘薬を使いたい、と言う方は、まずは酸化マグネシウム系の便秘薬を試してみましょう。

病院で処方されるお薬にも使われているくらい、便秘解消に高い効果があるにもかかわらず、強い副作用もなく効き目もマイルド。

便秘を解消するだけでなく、胃酸を中和する作用から、胃潰瘍・十二指腸潰瘍や胃炎・胸やけなど、胃腸に関する諸症状の改善にも効果があります。

妊娠中のママや赤ちゃんにも使える!

副作用が少ない酸化マグネシウム系便秘薬は、赤ちゃんや妊婦さんも安心して使える便秘薬と言われています。

妊娠するとホルモンバランスや体内の水分バランスの変化、子宮と腸の位置関係の変化などから、便秘に悩む妊婦さんは少なくないですが、産婦人科でも、酸化マグネシウム系便秘薬が処方されることもあります。

また、症状によっては赤ちゃんの便秘にも処方されることがあるくらい、安全性の高い便秘薬と言われています。

実際に赤ちゃんに服用させる場合は、必ず小児科等で医師の判断を仰ぎ、処方されたお薬を、用法・用量を守って使うようにしましょう。

スポンサーリンク



気になる酸化マグネシウムの副作用とは

酸化マグネシウム系便秘薬の副作用として、まれに「腹痛」や「軽度の下痢」が引き起こされることがあります。

また、酸化マグネシウム系便秘薬を服用している間は、「牛乳を大量に飲まないこと」という注意もあるようです。

酸化マグネシウム系便秘薬を服用しながら、並行して牛乳を多く飲み過ぎると、「高カルシウム血症」「高窒素血症」「アルカローシス」などの症状があらわれる危険性があるためです。

「大量に」がどの程度の量をさすのかは定かではありませんが、酸化マグネシウム系便秘薬を服用している期間は、牛乳は控えめにした方が良さそうです。

 
もし、酸化マグネシウム系便秘薬を飲んでいて、吐き気やおう吐、腹痛、食欲不振などの症状がみられるようであれば、服用を注視し、医師に相談しましょう。

また、高カルシウム血症等の副作用を避けるために、酸化マグネシウム系便秘薬を飲む際は、必ず多めの水と一緒に服用するようにしましょう。

 
そして、便秘薬を服用しながら、腸内環境を整える食品や飲み物を食卓に増やすなどして、腸内環境を整えていき、便秘薬がなくても快適な便通が得られるよう、体質改善をしていきましょう。


 
スポンサーリンク