更年期障害は専門医に相談|症状が軽ければ市販の漢方薬もおすすめ

「更年期」とは、年齢や期間のこと(一般的には、平均的な閉経年齢の50歳を中心に、前後5年間ずつ、合計約10年間)を言います。

その期間に体調や心の変化にに悩まされる諸症状を「更年期障害」と言います。

つらい更年期障害の症状とメカニズムなどについて解説します。

スポンサーリンク

更年期は個人差が大きい

「更年期」は誰にでも訪れるものですが、閉経前後に更年期障害を伴うかどうか、更年期障害の症状の重さや、どのような症状が出るかについては、個人差が出てきます。

自覚症状など一切なく、「いつのまにか更年期が過ぎていた」という人もいれば、通院が必要だったり、社会生活が困難になるのどの重い症状を抱えてしまう人もいます。

更年期と言っても、早ければ30代からでも起きる可能性もあるため、更年期障害のような症状がみられる方は、年齢に関係なく専門医を受診したり、症状に合わせた市販薬を飲むなどして改善をはかりましょう。

20代・30代に増える若年性更年期障害:原因と改善策は?

更年期障害の原因

女性は、歳を取れば誰でも、徐々に卵巣機能が衰えてきます。

50歳前後を境に女性ホルモン分泌量が急激に減り、ホルモンのバランスが悪くなってしまうことが、更年期障害の主な要因であると言われています。

脳下垂体からの卵巣刺激ホルモンが分泌しても、卵巣が刺激に反応できなくなり、自律神経系全体の働きまでが乱されてしまうのです。

更年期の諸症状と改善方法

更年期のつらい症状には、どのようなものがあるのでしょうか。


代表的な症状としては、ほてりのぼせ肩こり発汗いらいら不安感肌荒れ落ち込み怒りっぽくなるなどがあげられます。

このような状態は、昔から「血の道」と呼ばれており、その対処法として「漢方」や「民間療法」などが用いられてきました。

更年期の典型的症状、ほてり-ホットフラッシュに有効な対策方法

スポンサーリンク

更年期障害が疑われる症状があれば、受診するかお薬を飲む

更年期でなくとも、女性には、月経や妊娠、出産、更年期など女性のホルモンの変動によって現れる症状があります。

それは精神不安であったり、のぼせ、動悸など身体的な症状も見られる場合もあるでしょう。

そのため、今起きている症状が「更年期障害によるもの」と特定するのが難しい時もあります。


「これは更年期症状かも?」と思いあたることがあれば、専門医を受診するのが最善の方法ではありますが、お仕事や家事で忙しかったり、婦人科を受診するのは気が重い、と感じる女性も少なくありません。

だからと言って、放っておくと症状を悪化させてしまうこともあります。


そんな時は、セルフメディケーションがおすすめです。

症状の改善方法として、古来から使われてきている「生薬成分」が含有されている女性のための保健薬があります。

漢方成分などを取り入れ、それをもとに飲みやすく開発された新しい伝統薬としてのイメージのあるお薬ですね。

女性保健薬の市販薬の成分とは?

更年期のつらい症状に効果があるとされる市販薬は、漢方薬処方が中心になっています。

更年期諸症状やホルモンバランスを整えることで効能が期待されています。

市販薬の種類によっては、ビタミン剤なども配合され、表面を糖衣錠としてコーティングされており、飲みやすくなっています。

女性保健薬は「更年期の症状といってもまだ病院に行くほどのものではない」といった方に、多く選ばれているお薬です。


女性保健薬として配合されている成分としては、血行を改善するトウキセンキュウ、鎮痛・鎮痙作用があるもので、シャクヤクボタンピや健胃整腸作用を有しているオウレンソウジュツ、排尿など利水作用のあるブクリュウなどが組み合わされ、配合されています。

のぼせや神経症状に効果のある代表的な処方では、加味逍遥散(かみしょうようさん)などが有名です。

その他にも、アミノエチルスルホン酸(アミンの一種で、栄養ドリンクでもお馴染みの『タウリン』という成分名で良く知られる)などを配合している製品もあります。

女性保健薬の選び方

女性保健薬の選び方については、西洋薬のように成分がはっきりとしているわけではありません。

生薬抽出エキスの組み合わせで体質や症状に適していることで、続けて服用することで症状改善につながっていきます。

また、保健薬として症状をしっかりと改善するめには、自己判断で薬を選ばず、薬局の薬剤師に相談することが大切です。

医師や薬剤師に勧められたお薬でもサプリメントでも、ご自分の体質にあっているかどうかについては、「飲んでみないとわからない」というのが正直なところではあります。

しばらく飲んでみて症状の改善が見られなければ、お薬の種類を変えてもらいましょう。

相性の良いお薬と出会うことで、劇的に症状が改善するケースも多く見られます。

【第(2)類医薬品】ツムラ ツムラの女性薬「ラムールQ」 140錠

価格:1,480円
(2017/11/10 12:09時点)

「更年期であること」をあまり重くとらえすぎないこと、考え過ぎないこと、完璧主義の人は、「少しばかりいいかげんでもOK」という感覚を持つことも大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする