放っておくと悪化する!?【かかとの痛み】の原因は?何かの病気?

特にぶつけたわけでもないのに、なぜかかかとが痛い。

しかも何日経っても治らない…。

そんな症状を放っておくと、ますます痛みが増し、歩くのも困難になってしまうようなケースも少なくありません。

 
今回は、かかとの痛みを伴う病気について、いくつかご紹介します。

スポンサーリンク



朝起きてすぐ歩くとかかとが痛い時は、足底腱膜炎の可能性も

起床後すぐに歩いた時、かかとに痛みを覚えるというケースでは、「足底腱膜(そくていけんまく)」を痛めてしまっている可能性があります(足底腱膜炎)。

 
仕事で長時間歩いたり、立ちっぱなしだったりする人に起こりやすく、また、陸上などのスポーツをする人や、ジョギング・ランニングを趣味としている人にも起こりやすい病気です。

as0045

予防策としては、歩きやすく足に負担の少ない靴を選ぶことが大切です。

土ふまずをしっかりサポートしてくれるような、インソールがしっかりしている靴や、靴底が衝撃をしっかり吸収してくれるシューズを選びましょう。

 
痛みが出てきた時の応急処置は、痛い方の足の指を、痛くない方の手の指で手前に引っ張り、ストレッチすると楽になります。

as0046

痛みがあるのに放置して通常通りの生活を続けていると、かかとの痛みが増してくる場合があるので、病院での早めに治療してもらいましょう。

 

スポンサーリンク




 

かかとを押すと痛い時は、踵骨棘である可能性も

かかとを押すと痛い場合、かかとの内部の骨がいばらトゲのようにとがって突出してしまい、それが肉や骨などに刺激を与えて痛みとなることがあります。

as0047

引用元:karylupkin.jimdo.com

これは踵骨棘(しょうこつきょく)と呼ばれる病気です。

 

踵骨棘になる原因

へんぺい足や指上げ足(浮き指)等によって足指の踏ん張る力が弱くなると、重心がかかとに片寄ってしまいます。

重心が大きく偏ったまま歩き、かかとを酷使してしまうことが原因です。

 

踵骨棘の対処方法

踵骨棘にかかってしまったら、なるべく歩く際にかかとに衝撃や負担をかけないようにすることが重要です。

靴はできるだけ足に負担のかからない、歩いても楽な靴を選びます。

それでも改善されない場合は、やはり病院で診察を受けて治療する必要があります。

 

ずきんとするかかと神経の痛みは、坐骨神経痛の可能性

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)というと、太ももやお尻、ふくらはぎの痛みと言うイメージがありますね。

でも意外なことに、坐骨神経痛にかかると、かかとに痛みが出ることは決して少なくはありません。

坐骨神経はかかとにも通っているので、坐骨神経に痛みが生じるようになると、神経がつながっているかかとにも痛みが出てしまうのです。

 
自己流のマッサージやストレッチで回復するものではないので、病院で適切な処置が必要になります。

 
痛みの程度には個人差があり、あまり痛みを感じないこともあります。

多少の痛みがあっても日常生活が送れる程度だと、適切な治療を受けないまま過ごしてしまい、いつの間にか悪化してしまった…というケースも少なくないので、何らかの違和感を感じていて、治る様子がないようなら専門医を受診してみましょう。


 
スポンサーリンク