20代・30代に増える若年性更年期障害:原因と改善策は?

閉経を迎える平均年齢は50歳頃と言われ、一般的にはその前後5年間の45歳~55歳を「更年期」と呼びます。

ところが最近、40代前半どころか、30代、さらには20代でも月経が来なくなり、更年期障害のような症状を訴えるケースが増えているというのです。

妊娠・出産に向けての体の準備が整っているはずの若い世代に起こる閉経と更年期障害…。

一体何が原因なのでしょうか…?

スポンサーリンク

若年性更年期障害とは

20代・30代で、月経不順になって何か月も生理が来ない日が続いたり、閉経したような状態になり、実際の更年期障害と似たような不定愁訴の症状が現れることを若年性更年期障害(じゃくねんせいこうねんきしょうがい)と言います。

更年期障害の諸症状確認はこちら

2010

医学的には1年以上無月経が続くと「閉経」と診断されるようですが、20代~30代で起こる閉経及び若年性更年期障害は、原因を取り除くことで改善し、生理周期が戻るケースがほとんどです。

原因となっている生活習慣や食事習慣を見極めて改めることが、治療への近道と言えます。

若年性更年期障害を引き起こす原因と対策

若年性更年期障害の原因はどのようなものがあるのでしょうか。

以下の項目に思い当たる項目がある方は、注意が必要です。

過度のダイエット

若年性更年期障害の原因としてまずあげられるのは、無理なダイエットです。

女性の体は、妊娠・出産することを前提として作られています。

おなかの赤ちゃんが安心して育つためには、ある程度の脂肪が必要ですね。


ところが、体脂肪が少な過ぎると、脳は自動的に妊娠・出産に適切な体でないと判断します。

妊娠・出産の必要がない体には、女性ホルモンも不要と判断して、分泌量を勝手に減らしてしまうことがあるのです。

ダイエットは美しくなることが目的のはず。

やせること・体重を落とすことだけに注意が行ってしまい、本来の目的から外れてしまうと、思いもよらない結果を招いてしまうことがありますのでご注意を!

自律神経の乱れ

更年期障害は通常、ホルモンバランスの乱れから生じる自律神経の乱れなどが原因となって起こるものです。

更年期と閉経を迎えても、はっきりとした更年期障害の症状などを伴わない場合は、自律神経のバランスも整っています。

反対に若い世代であっても自律神経のバランスが崩れていると、更年期障害と似た不定愁訴のような症状が起きてしまうことも…。

自律神経の乱れを整えるには、まずは生活環境を整え、生活のリズムを整える必要があります。

生活環境と生活リズムを整えるにはまず、以下のようなことに注意してみましょう。

自律神経を整えるための生活習慣

・エアコンの冷やし過ぎなどによる急激な温度変化を避ける
・睡眠時間直前のパソコン・携帯スマホ操作をしない
・日中、5~10分でも良いので体を動かす時間を作る
・就寝時間より2時間くらい前に、ぬるめのお風呂にゆったり浸かる
・夕食は就寝時間の3時間前までに済ませる
・就寝直前の飲酒は避ける

毎日の生活リズムを見直すことで、自律神経のバランスも改善し、体調が整ってきます。

ストレス

ストレスは目に見えないものですが、程度によっては心と体に大きな影響を与えます。

ストレス耐性の強度は人によって大きな違いがあるので、どの程度のストレスをもって体調に影響を及ぼすかにも個人差はありますが、自分なりのストレス発散方法を見つけておき、ストレスを感じたらその都度発散するよう心がけましょう。

激しい運動もストレスの原因になります。

体調に異変を感じたら、ダイエットや体力づくりの運動も軽いものに切り替えましょう。

逆に運動不足を自覚している人は、軽い運動を取り入れて行きましょう。

食生活の乱れ

食事は体と心を作るエネルギーであり栄養源です。

食べたいもの・好きなものばかりを食べ、栄養バランスを無視した食生活を送っていては、体にも心にも良い事は何もありません。

過去に食べてきたものが今のあなたを作っています。

未来のあなたは今のあなたが食べているもので作られます。

体調の不調を感じたら、今すぐ体に悪いものを遠ざけ、できるだけ良いものに親しむ食生活に変えていきましょう。

更年期障害を予防・改善するための食品と食生活習慣とは?

スポンサーリンク

川村ひかるさん、若年性更年期障害を乗り越え妊娠!

タレントで元グラビアアイドルの川村ひかるさんは、31歳から約5年間もの長期にわたる若年性更年期障害を患っていたそうです。

as0057

引用元;matome.naver.jp

川村さんは23歳頃から子宮内膜症の治療のため、医師から処方されたピルを服用していました。

31歳になり、妊娠を希望するようになった川村さんは、ピル治療を中断。

その頃から体調と精神状態が急変します。


強いめまい・ひどい頭痛に悩まされ、吐き気、ホットフラッシュ(気温が暑いわけでもないのに、主に顔や背中などが熱くなり、汗が噴き出すように流れ出る症状)に襲われます。

女性の更年期障害によくある症状・不定愁訴とホットフラッシュ


体重は36キロにまで激減。

精神面では、急に不安定になって泣き出す、イライラしてかんしゃくを起こす、自信をなくして物事を全て悲観的に考えてしまう…など、精神バランスを崩してしまったそうです。


急にピル治療を停止したことによるホルモンバランスの乱れから、川村さんは若年性更年期障害を発症してしまっていたのです。

川村さんはその後、2015年に一般男性と結婚、2016年7月には妊娠を発表されました。

しかし、子宮内膜症の治療と若年性更年期障害の後遺症のため、妊娠するには女性ホルモンの数値が足りず、不妊治療は壮絶を極めたそうです。

自己判断せず、婦人科で受診を

生理不順が続いても、更年期障害のような症状も特になく体が元気だと、一見不都合がないため軽く考えてしまいがちですが、生理不順や無月経は深刻な体の状態をあらわすサインであることも多いため、注意が必要です。

生理不順を長く放置していると、治療も長引くことがあります。

生活リズムや食生活を整えることで改善できることなのか、どの程度の治療を要する状態なのか、まずは専門医に診てもらい、判断を仰ぐことが大切です。


まとめ

・ダイエットは美しくなることが目的であることを忘れずに
・生活のリズムを整え、自律神経のバランスを整える
・ストレスを溜めこまない
・激しい運動は控え、運動不足なら解消を
・食事のバランスを整える
・体調の異変を感じたら、自己判断せず専門医に相談を!

更年期障害を運動や生活習慣から予防・改善する方法

更年期障害改善に効果!エクオールをはじめとする大豆の栄養

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする