鼻水に粘度や色の違いがあるのはなぜ?鼻水の色と体調の関係は?

ひと口に鼻水と言っても、色や粘度が違うことがありますね。

鼻水の色や粘度の違いは、何が原因で起こるのでしょうか?

体調が違えば、鼻水の種類も違ってくるのでしょうか?

スポンサーリンク

鼻水の色や粘度の違いと体調との関係

鼻水は、透明なものから黄みがかっているものや青白いものなど、色がついているものもあり、粘度もサラサラとしている場合があれば、粘り気のあるものもあります。

as0183

そのような鼻水の色味の違いで、どのような体調なのかをある程度チェックすることができます。

サラサラで透明の鼻水

寒くなると誰でも、風邪でもないのにスルスルと鼻水が出てきてしまう…という経験があるのではないでしょうか。

あの透明でサラサラと垂れ落ちてくる鼻水は、アレルギー性鼻炎などでもよく見られます。

ハウスダストやダニにアレルギーがある場合は、季節に関係なく一年を通してこのような鼻水が出ます。

また、花粉の季節にこのような透明な水のような鼻水が出る場合は、花粉症にかかっている可能性が高いと考えられます。

風邪をひいてもいないのに出るサラサラ鼻水の原因と対策・対処方法

黄色や白など粘りのある色つきの鼻水

粘り気のある黄色の鼻水は、風邪などのウイルス系の感染後によく見られる鼻水です。

細菌に感染することによって生じる鼻水なので、少し独特の臭いがします。

さらに、頭痛や発熱などを伴うことがあります。


白くて粘り気のある鼻水は、やはり風邪などのウイルス系に感染した際に見られます。

鼻をかむと、少量出て来るのが特徴的です。

長引く時は医療機関に相談を!

黄色や緑色の鼻水が1週間以上続く場合、蓄膿症(ちくのうしょう・副鼻腔炎)の可能性があります。

蓄膿症を放置して悪化させてしまうと、場合によっては手術が必要なほど重症化してしまうこともあるため、『ちょっと長引いているな』と思ったら、早めに病院を受診しましょう。

スポンサーリンク

鼻水が出てしまう時の応急処置と予防方法

鼻水は、アレルギーによるものを除いて、基本的にウイルスが原因で生じるケースがほとんどです。

ウイルスに負けないような免疫力を持つ強い体を作るようにしましょう。

規則正しい生活習慣を身につけ、手洗い、うがいをしっかりするなど、対策を取ることが大切です。

食事面からも免疫力をアップさせる方法↓
LPS(リポポリサッカライド)で免疫力UP!風邪やインフルエンザを撃退


応急処置としては、鼻のツボを押すことによって鼻水を止めることができます。

as0181

睛明(せいめい)

目頭のところにあるツボです。
目が疲れた時に自然に押さえる方も多い、おなじみのツボですね。

疲れ目にも効きますが、鼻水を止める効果もあるので試してみてください。

as0182

迎香(げいこう)

小鼻のわきのくぼみにあるツボです。
少し強めに押して様子をみましょう。



鼻水以外にも、発熱や咳など体調に異変を感じたら、しょうが湯などを飲んで暖かくし、不急の外出などは控えてゆっくり休みましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする