インフルエンザのA型・B型・C型の違いと特徴的症状

インフルエンザには、『型』があります。

型によって、症状にも違いが出ます。

インフルエンザの『型』と、それぞれの症状や特徴、流行しやすい時期などについてまとめました。

スポンサーリンク

インフルエンザA型・B型・C型の症状と特徴

インフルエンザは、A型、B型、そしてC型に区分されます。

毎年どのタイプが流行するのかを専門家が予測し、予防接種のためのワクチンが用意されます。

as0165


A型・B型・C型の3種類には、それぞれ以下のような特徴があります。


インフルエンザA型の特徴

インフルエンザA型にかかると、38度から40度程度の高熱が出ます。

関節痛筋肉痛を起こしやすく、咳やのどの痛みなどの気管系の症状も生じやすくなります。


インフルエンザB型の特徴

インフルエンザB型にかかると、37度から38度程度の発熱があり、食欲不振や吐き気などの消化器系の症状が生じやすくなります。


インフルエンザC型の特徴

C型では、B型と同様、37度から38度程度の比較的軽い発熱で済むことが多く、主に鼻水が多く出ます。



A型は高熱が出やすく、全身の強い痛みも伴うため、インフルエンザであるとすぐに気づきやすいのですが、B型やC型では微熱程度で終わるケースもあるため、風邪と勘違いしてしまうことも少なくありません。

インフルエンザにかかっているという自覚がないまま行動すると、人にうつしてしまうリスクも高まるので、インフルエンザの季節の体調管理には充分な注意が必要です。

スポンサーリンク

流行する時期や流行のしかたにも違いがある

3種類のインフルエンザは、流行する時期にも違いが見られます。

as0166


A型は、毎年11月から2月の空気が乾燥している冬場に多く発症します。

B型は一定の年数ごとに流行し、時期は11月から3月までと幅広くなっています。

A型の流行が終わった後の春先の2月や3月にB型が流行することもあります。


C型もやはり主に冬場に多いのですが、一年を通してかかる可能性があります。

ただし、C型は流行することがありません。


さらに、A型はヒトだけでなく、鶏や豚、馬にも感染することがあります。

as0167

万が一ヒトに感染すると重症化すると言われる鳥インフルエンザは、A型に属しています。

さらにA型は新型が生まれやすく、新型ウイルスに対して人類は免疫を持たないため、氾世界流行(パンデミック)を引き起こしやすいのもA型です。

ウイルスのタイプもA型だけで144種類と多く、何度も感染してしまうこともあります。



このように、一口に『インフルエンザ』と言っても、型によって症状なども違ってきます。

タイプ別の症状や流行時期などを知っておき、体調チェックにも役立てて行きましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする