暴飲暴食で弱った胃腸保護・丈夫な骨をつくるのに効果的な大根の食べ方

冬は、年末年始のイベントが続いたり、休みも多くてついつい食べ過ぎてしまう季節。

胃腸にも負担がかかります。

また、冬は寒くて引きこもりがちになったり運動不足気味になるため、骨も弱くなってしまうことが…。

2017年1月7日放送の「世界一受けたい授業」で「暴飲暴食で弱った胃腸保護・丈夫な骨をつくるのに効果的な大根の食べ方」が紹介されていました!

スポンサーリンク



講師は管理栄養士の石川三知先生です。

年末年始の暴飲暴食で胃腸が弱っている時に効果的な食材・大根

ついつい食べすぎて胃腸が疲れてしまった時などに、オススメの身近な食材が大根です。

as0721

 
大根は、1,000人のお医者さんに聞いた「健康のために食べると良いと思う冬野菜」の第1位に輝いた食材。

大根には、胃腸の働きを整える様々な酵素が含まれているため、自然の消化剤とも呼ばれています。

 
ジアスターゼは、ご飯や麺などのでんぷんの分解を促進する働き。

プロテアーゼには、たんぱく質を分解する働き。

辛味成分イソチオシアネートには、胃液の分泌を促進し、消化を助ける働きがあります。

 
これらの消化酵素をもっとも効果的に食べるためには、やっぱりでいただくのがベスト。

大根を生で食べるために最適な調理方法は、やっぱり大根おろしですね。

as0722

 
大根に含まれる消化酵素は熱に弱いので、冷奴やお鍋の薬味としてトッピングする時も、火からおろした状態で大根おろしをのせるなど、できるだけ加熱調理しないでいただくよう工夫しましょう。

 
大根おろし以外にも、細く千切りにして大根サラダにしたり、キュウリやニンジンなどと一緒にスティック状に切ってディップソースでいただくのもおすすめです。

簡単・ディップソースの作り方(クックパッド)

スポンサーリンク



冬の骨を守るのに効果的な大根の食べ方

冬は寒さのために運動量が減り、日光を浴びる時間も少なくなるため、丈夫な骨が作られにくくなります。

そんな季節には、切り干し大根がおすすめ。

as0717

 
切り干し大根は、長時間太陽の陽に当てて干して作られるため、生の大根よりも鉄分・ビタミン・カルシウムなどの成分がアップします。

一般的な切り干し大根の煮物でも良いですが、おみそ汁に入れたり、トマト煮にしたりなど、意外なバリエーションも楽しめます。

切り干し大根のレシピ(クックパッド)

 
切り干し大根を戻す際に注意したいのが、水でもどすとせっかくの鉄分・ビタミン・カルシウムなどの栄養素が水に溶け出してしまうこと。

もどし汁は捨てずに一緒に煮込むのが、栄養価を落とさず食べる秘訣です。

 
石川三知先生のおすすめは、プレーンヨーグルトに切り干し大根を浸けてもどす方法。

 
切り干し大根15gに対してヨーグルト150gを軽く混ぜ合わせ、冷蔵庫で約8時間寝かせるだけでOKです。

ヨーグルトで戻した切り干し大根に、ツナ70g、レモン汁小さじ2、塩・コショウ少々を混ぜ合わせると、切り干し大根のヨーグルトサラダの完成です。

切り干し大根ヨーグルトdeツナサラダ

 
ポテトサラダのマヨネーズ和えに近い、おいしいサラダになります。

※切り干し大根は、そのままでは長いものが多いので、カットしてから浸けると食べやすいです。

 
ヨーグルトを使うと、水で戻すのに比べてカルシウムが3倍になります。

さらにヨーグルトに含まれるカゼインがカルシウムの吸収を助ける上、ツナにはビタミンD・ビタミンKが含まれており、骨作りに欠かせない「ゴールデントライアングル」と言われるカルシウム・ビタミンD・ビタミンKを一度にとることができるので、冬にはおすすめのメニューなのです。

 
ぜひ一度お試しください!


 
スポンサーリンク