便秘解消効果のある飲み物:ココアを飲むと便通が改善するのはなぜ?

つらい便秘を解消するためには、普段から口にする飲み物・食べ物も、できるだけ便通を良くする効果のある食材を選びたいもの。

身近な飲みものの中でも、ココアに便秘改善効果がある事がわかっています。

ココアが持つ便秘解消効果の秘密と、効果的な飲み方についてまとめました。

スポンサーリンク



ココアに腸内環境を整える効果があるのはなぜ?

食物繊維様の働きがある

ココアには、リグニン(lignin)という高分子化合物が含まれています。

木材などの植物に多く含まれるリグニンは、食物繊維の一種であり、善玉菌のエサとなって腸内環境を整える効果があります。

さらに食物繊維は、便のカサ(量)を増してカタマリを大きくする役割があります。

便は、ある程度のカサがないと排出されにくいため、食物繊維を摂ることによって便が排出されやすくなるのです。

 

ポリフェノールが細胞を活性化させる

ココアには、カカオポリフェノールがたっぷり含まれています。

ポリフェノール類には、活性酸素のアンバランスな帯電子状態を安定させ、体の酸化を防いで細胞を活性化させる働きがあります。

腸活筋細胞や腸内細胞も活性化されていきますので、便通改善につながります。

 

リラックス効果で便通改善

便通と自律神経には、深い関係があります。

身体を緊張させる「交感神経優位」の状態が続いていては、腸の筋肉はあまり動きません。

 
ココアに含まれるカカオポリフェノールには、ストレスをやわらげるリラックス効果があります。

暖かいココアを飲むと、なぜか肩の力が抜けて、ホッとした気分になることがあるでしょう。

あれは、カカオポリフェノールのリラックス効果によるものなのですね。

心と体だけでなく、腸もリラックス状態になり、便通改善につながっていきます。

体を温める効果も!

ココアには、テオブロミンという成分含まれています。

このテオブロミンには、血管を拡張させ、血行を良くする効果があります。

寒い季節には収縮しがちな手足の末端の毛細血管にまで血液が行き届けられ、冷え性を改善する効果があります。

 
ココアによる体を温める効果は、ショウガのように飲んですぐ体温が上昇するタイプとは違い、持続時間が長いのが特徴。

長時間体を温める点においては、ショウガより優れていると言えそうです。

スポンサーリンク



便秘解消に効果的なココアの飲み方

ココアの飲み方を少し変えることによって、より高い便通改善効果を得ることができます。

純ココアがおすすめ!

一般的なココアと、混ぜ物が少なく純度が高い純ココアとでは、ポリフェノールやリグニンなどの有効成分の含有量が違ってきます。

より高い効果を得るなら、「バンホーテンピュアココア」のような純ココアを選ぶようにしましょう。

純ココアは、一見お値段が高いように思ってしまいますが、一般的なココアには砂糖やミルクなどが含まれており、それらの混ざりものの量を考えると、実はそれほど変わらなかったりします。

質的にも値段的にも、純ココアを買って損はありません。

甘みはオリゴ糖やハチミツで!

純ココアは、そのままでは甘みがなく、ニガくてちょっと飲みにくいため、糖分を加えて飲む方が多いでしょう。

その際に加える糖分は、善玉菌のエサとなるオリゴ糖やハチミツがおすすめです。

ハチミツは味に少々クセがあり、ココアの風味を変えてしまうことがあるので、はちみつが苦手な方・ココアの風味を変えたくない方は、オリゴ糖を選ぶのが良いでしょう。

牛乳より豆乳で作るとさらに効果的!

ココアをミルクで溶かして飲むと、とてもおいしいですよね。

この時に使うミルクを、牛乳ではなく豆乳で代用することで、大豆に含まれる大豆イソフラボン・サポニン・レシチンなども同時に摂ることができます。

 
豆乳には食物繊維や天然オリゴ糖も含まれているので、相乗効果によって、より高い便通改善効果が期待できます。

ただし、豆乳には独特のクセがあるので、苦手な方は無理せず牛乳で飲んでください。

便通改善効果を得るならホットで!

季節によってはアイスココアもおいしいですが、便秘解消効果をねらうなら、やはりホットで飲みましょう。

冷たい飲み物が入ってくると、体は交感神経優位に傾いて緊張状態になってしまう上、消化器系の臓器が冷やされると、動きが悪くなったりして、便通にも悪影響を及ぼします。

身体と心をリラックス状態にし、胃腸を活性化させやすいホットココアがおすすめです。

飲み過ぎないこと

ココアには、微量とはいえカフェインが含まれています。

カフェインにはさまざまな健康効果がある事で知られるようになってきているものの、とりすぎは精神状態や体調に影響を及ぼすことがあります。

また、飲み過ぎるとお腹を壊してしまうこともあるので、ココアを飲む量は、1日あたり2杯程度までにとどめましょう。

ココアの効果的な飲み方まとめ

●一般的なココアより純ココアで!
●甘みはオリゴ糖やハチミツ
●ミルクは牛乳より豆乳
●アイスよりホット
●飲み過ぎに注意


 
スポンサーリンク
 

 

1件のトラックバック