チーズを食べて認知症予防とダイエット!【世界一受けたい授業】

チーズは今や、日本の食卓に欠かせない食材の一つになっていますが、このチーズにはさまざまな健康効果があることがわかってきています。

2017年3月4日放送の「世界一受けたい授業」を参考に、その効果効能をまとめました。

講師は 東北大学大学院農学研究科教授 斉藤忠夫先生 です。

スポンサーリンク


カマンベールチーズに認知症を予防する効果あり

チーズの中でも、とりわけカマンベールチーズには、認知症を予防する効果がることがわかっています。

 
ヒトの脳には、歳を重ねるごとにアミロイドβという老廃物が蓄積していきます。

このアミロイドβがたまって脳内に沈着してしまうと、脳の神経伝達をつかさどる脳細胞、ニューロンの情報伝達が正しく行われなくなり、記憶や認知機能が維持できなくなっていってしまうのです。

 
マウス実験では、カマンベールチーズを食べることで、認知症の原因物質「アミロイドβ」が脳内に沈着するのを抑える効果があることが認められています。

 

カレーとの相乗効果で予防効果アップ

そのほかの食材では、カレーに認知症予防の効果が期待できることがわかっています。

チーズトッピングのカレーにしたり、ドリアやグラタンにカレーパウダーを混ぜ込んでカレー風味にすれば、チーズとカレーの相乗効果で、より高い認知症予防効果が期待できます。

チーズには虫歯予防効果あり

WHO(世界保健機関)の発表によると、かたいチーズ(硬質チーズ)には、虫歯を予防する効果が期待できます。

さらに、チーズに含まれるリン酸カルシウムには、虫歯でできた小さな穴を補修する働きがあることがわかっているので、虫歯が気になっている人は、固めのチーズを食べるようにしましょう。

スポンサーリンク


チーズには血圧を下げる作用あり

チーズには、数多くのペプチドが含まれていますが、このペプチドには、血圧を下げる作用があることがわかっています。

さらに、チーズに多く含まれるカルシウムやカリウムには、高血圧の原因となるナトリウムを体外に排出する効果もあります。

特におすすめなのは、チェダーチーズやゴーダチーズのような熟成タイプのチーズです。

 
斉藤忠夫教授のおすすめメニューは、ゴーダとチェダーの春巻きです。

ゴーダとチェダーの春巻きの作り方

材料
ゴーダチーズ
チェダーチーズ
アボカド
枝豆
春巻きの皮

作り方
枝豆は粗くみじん切り、アボカドはフォークなどでつぶす。
2種のチーズは5ミリ角前後にカットしておく。

これらの材料を混ぜ合わせ、春巻きの皮で包み、揚げ油でカリッとこんがりきつね色に揚げて出来上がり。

 
アボカドと枝豆には、カリウムが多く含まれています。

カリウムには血圧を下げる効果があるので、チーズとの相乗効果により、血圧を下げる効果が高まります。

チーズのおいしさが胃腸の活動を活性化する

チーズには、グルタミン酸ナトリウムが含まれています。

これがうま味成分となって脳を刺激することにより、唾液や消化液が多く分泌されて胃腸の活動が盛んになります。

つまり、「おいしい!」と感じることで消化吸収が高まるのですね。

 
毎日の消化吸収活動をしていくうえで、「おいしい」と感じることはとても重要なことなのです。

チーズを食べて骨粗しょう症予防

骨粗しょう症を予防するためには、毎日のカルシウム摂取が大切です。

しかし、日本人の多くは、一日のカルシウム摂取量が基準に達していません。

 
チーズは、カルシウムが多いと言われる牛乳をおよそ10倍に濃縮した食べ物なので、カルシウムも豊富。

その上チーズのカルシウムは、他のカルシウム含有食品と比べても、カルシウムの吸収率がとても高いのです。

チーズの中で最もカルシウムを多く含むのはパルメザンチーズなので、食卓にパルメザンチーズを常備しておき、気が付いた時にいつでも料理に振り掛けて食べられるようにしておくと良いでしょう。

カルシウムの吸収には空腹時のチーズ

カルシウムの吸収のことを考えるならば、チーズを食べるのに最適な時間は朝起きてすぐ、または空腹時がおすすめです。

お腹がすいている時、胃の中はかなり酸性になっています。

そこにカルシウムが入ることでイオン化し、カルシウムイオンとなって、体内に吸収されやすくなるのです。

チーズにはダイエット効果がある!

高カロリーで脂肪につながりそうなイメージのあるチーズですが、近年、チーズにはダイエット効果があることで注目されるようになりました。

実際、水分を除くと、チーズの半分はたんぱく質、残りの半分は脂肪分からできています。

ですが、チーズに含まれる乳脂肪は、消化過程で分解されやすい性質があり、体に蓄積されにくいタイプの脂肪分であるということがわかってきました。

 
健康的なダイエットには、たんぱく質は欠かせませんから、チーズはダイエットに最適の食材、ということになりますね。


以上です。

ぜひ毎日の食卓にチーズを取り入れてダイエットしながら、高血圧を予防し、虫歯と骨粗しょう症を予防し、認知症を予防していきましょう!


 
スポンサーリンク

 
肌荒れ・老け顔・イライラ・ポッコリおなか…
腸内環境を改善すれば、あらゆる不調が改善する!?

【小林弘幸先生の便秘改善方法】