便秘改善効果のあるオリゴ糖・食物繊維・乳酸菌のおやつでスッキリ!

便秘中に生クリームたっぷりのショートケーキや甘いクッキーを食べたりすると、よけいに便秘を悪化させてしまいそう…。

だけどやっぱりおやつには大好きな甘いものが食べたい…!

そんな時は、何を食べたら良いのでしょうか?

今回は、便秘改善効果のあるおやつをご紹介します!

スポンサーリンク



整腸作用のあるオリゴ糖や食物繊維・乳酸菌を意識した間食を

普段から便秘で悩む人は、食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌など、整腸作用のある間食をとるよう心がけましょう。

as0174

オリゴ糖・はちみつは善玉菌のエサになる!

オリゴ糖は、果糖やブドウ糖などが結合してできた糖質です。

胃で消化・分解されず腸まで届き、善玉菌のエサとなってビフィズス菌などを増やし、腸内環境を改善する効果があります。

 
as0180

はちみつには、ビフィズス菌を増やすグルコン酸が含まれ、おなかの調子を整える効果があります。

 
自家製のおやつを作る時は、はちみつかオリゴ糖で作りましょう。

オリゴ糖は味にクセがなく、砂糖の代わりにお菓子作りに使ってもおいしいので、はちみつ特有の風味が気になる方にはオリゴ糖がおすすめです。

 
便秘改善対策として毎日ヨーグルトを食べている人は、無糖のヨーグルトを買って、オリゴ糖かはちみつをトッピングして食べるようにすると便秘解消効果が倍増します。

2050

便秘改善に効く食べ物、キウイ・ヨーグルト・蜂蜜の組み合わせ

寒天フルーツゼリー

as0178

寒天は、『てんぐさ』という海藻から作られていて、食物繊維が豊富です。

さらに、フルーツには、水溶性食物繊維がたっぷり含まれるものが多いので、フルーツ寒天ゼリーは便秘改善に最適のおやつです。

手作りするなら、砂糖の一部をオリゴ糖に変えて作ると、便秘解消の相乗効果が期待できます。

フルーツ寒天ゼリーの茶巾しぼりの作り方【CookPad】

焼いも・甘栗は食物繊維が豊富

as0173

さつま芋には、食物繊維が豊富に含まれる上、『ヤラピン』という便通を良くする成分が含まれています。

焼くことで甘みが引き立つ焼きいもは、便秘予防に最適のおやつです。

 

as0179

甘栗には、100g中8.5gもの食物繊維が含まれています。
カリウムも豊富で、むくみ改善効果も期待できます。

ただし、さつまいもや栗の食物繊維は不溶性食物繊維が多いため、便秘の症状が重い時はかえって逆効果になることも…。

お腹が張って苦しいほどの便秘の時は、控えめにしましょう。

スポンサーリンク



おしるこ、おはぎ

as0175

おしるこやおはぎに使われるアズキには、食物繊維が豊富に含まれています。

また、『サポニン』には整腸作用があり、おなかの不調を整える効果が期待できます。

ビタミン・ミネラルなどの栄養素も豊富なので、間食を食べたいけど健康にも気を使いたい、という方におすすめです。

 

甘い洋菓子が好きなら、アップルパイがおすすめ!

as0176

リンゴには『アップルペクチン』が含まれ、水溶性食物繊維を含むものが多いフルーツの中でも、特に便秘改善効果が高いことで知られています。

リンゴは火が通っているとたくさんの量でも食べやすくなるので、アップルパイは整腸作用のあるリンゴを食べるのに最適のおやつなのです。

手作りのアップルパイを作る時は、『糖分控えめ・砂糖の代わりにオリゴ糖』で作るのがおすすめです。

パイシートを使えば超簡単!アップルパイの作り方【CookPad】

 

野菜チップス

as0174

野菜には食物繊維が豊富なものが多いのですが、特に根菜類など、野菜チップス向きの野菜には多く含まれています。

自家製で作ってもおいしいですが、最近ではスーパーでもよく見かけるようになり、お手軽に買えるようになりました。

ノンフライのものがあればよりおすすめです。

油で揚げた野菜チップスはカロリーも高めなので、一度に食べすぎないよう注意しましょう。

自宅で簡単!ノンフライ野菜チップスの作り方【CookPad】

 

乳酸菌入りのスイーツ

乳酸菌入りスイーツと言ったら、ヨーグルトや乳酸菌飲料を思い浮かべる方も多いと思いますが、最近では乳酸菌入りチョコレートなども出ています。

as0177

チョコレートを食べて便秘解消につながるのはうれしいですね。

ちょっとお値段が高めな感じですが…。



 

以上、便秘改善に効果的なおやつをご紹介いたしました。

カロリーが高めのものが多いので、食べすぎには注意し、食事の妨げにならない程度のほどよい量を食べるようにしましょう。


 
スポンサーリンク