便通を改善する食べもの:ひじきを食べて便秘をスッキリ解消!

ワカメや昆布、めかぶなどのカイソウ類には、便秘を改善する効果があることで知られています。

海藻に含まれる食物繊維は水溶性食物繊維が多く、便秘が気になる人はぜひ毎日の食卓に並べたい食材の一つ。

そんな中でも「ひじき」は、便秘解消の他にも数々の美容・健康効果がある食材としておすすめです!

ヒジキの便秘改善効果・美容・健康効果について調べてまとめました。

スポンサーリンク



ひじきに含まれる食物繊維はゴボウの10倍!

ひじきには、体に良い栄養素がたくさん含まれています。

(ヒジキ約100gあたりの栄養成分目安)

●カルシウム 1,400㎎
●カリウム 4,400㎎
●マグネシウム 620㎎
●鉄分 55㎎
●βカロテン 3,300㎍
●ビタミンA(レチノール)270㎍
食物繊維 60g

などなど。

なんと、ヒジキ総量の60%が食物繊維、という成分構成になっています。

これは、便秘に良いことで知られる「ゴボウ」と比べても、約10倍にものぼる量です。

「便秘を解消する食べ物」として、ヒジキの名前が必ずあがってくる理由がよくわかりますね。

食物繊維だけじゃない!ひじきの便秘解消効果

食物繊維の他にも便秘改善効果があるとされる栄養素が、ひじきには含まれています。

フコイダン

ヒジキには「フコイダン」という成分が含まれています。

フコイダンは多糖類の一種で、海藻のヌルヌルの元になる成分。

便の出を良くしたり、便のイヤなニオイがなくなったりなど、便の状態を良くする効果があります。

アルギン酸

アルギン酸も、海藻類に多く含まれる多糖類であり、難消化性の食物繊維です。

海藻から抽出されたアルギン酸ナトリウムは、便秘改善効果のあるトクホ商品などにも有効成分として使われる、便秘を解消する栄養素のひとつとして知られています。

スポンサーリンク



便秘改善だけじゃない!ひじきの美容・健康効果

ヒジキの健康効果は、便秘改善だけでは終わりません。

鉄分が貧血を予防し、カルシウムが骨を強くして骨折や骨粗しょう症予防を予防します。

さらに、カリウムがむくみを改善、βカロテン・ビタミンA(レチノール)が老化を予防するなど、美容と健康のための栄養素を豊富に含む健康食材なのです。

 
便秘・ダイエット・貧血・アンチエイジングなどが気になる方は、積極的に食べるようにしましょう。

五目煮だけじゃない!ヒジキのおいしい食べ方

ヒジキと言えば、五目煮などの煮つけが美味しいですね!

意外と簡単に、短時間でできる上、根菜やこんにゃく、あぶらあげなど、具材を工夫することで、よりたくさんの栄養をとることができます。

ヒジキを使った多様な料理【CookPad】

パウンドケーキに入れてもおいしい

和食材としてのイメージが強いヒジキですが、産地ではスイーツの材料としてもよく使われています。

野菜とひじきのパウンドケーキの作り方【CookPad】

 
ヒジキは意外と味にクセがなく、甘い味付けにも合う食材ですので、色々なものに入れてバラエティを楽しんでみましょう。


 
ヒジキに限らず、どんな食材も、体に良いからと言って「○○ばっかり」食べていては、かえって体に良くない面も出てきます。

食卓には色とりどりの食材が並ぶよう心がけ、バランスの良い食生活を送ることが、便秘改善の第一歩です!


 
スポンサーリンク