便秘で吐き気がするのはなぜ?対処法は?便秘以外の恐い病気かも?

便秘になると気分が悪くなり、吐き気がしてしまうことがあります。

腸のトラブルなのに、なぜ吐き気がしてしまうのでしょうか。

単なる便秘ではなく、何かこわい病気でも隠れているのでしょうか…?

スポンサーリンク

『吐き気を伴う便秘』は珍しいことではない

基本的には、便秘で吐き気を伴うのは珍しいことではありません。

他に目立った症状が特にないのであれば、特別な病気を疑う前に便秘を改善するのが最優先です。

as0155

体の中に溜め込んだ異物を外に出せないなら、吐いてでも出したい!

便は、食べ物の栄養分を体が吸収した後の、『食品のカス』です。

つまり、体が胃から大腸に至るまでの間に『不要』と判断し、外に出すために準備された異物が便というわけです。


便秘は、そんな不要のものを排出できずに、体にため込んだままになっている状態ですから、新たな便を作ってもどんどんたまってしまうし、たまった便が腐敗して毒素を発生させたり、インドールスカトールという腸内ガスが発生してお腹を膨張させたりするので、体にとっては不快で仕方がありません。

本来『口が入り口』で、『肛門が出口』なのですが、出口が渋滞してしまっている以上、入り口からでも出せるなら出したいという体の生理現象として起こるのが、便秘による吐き気なのです。

as0156

吐き気は我慢せず、吐いて楽になりましょう

便秘に限らず、吐き気がするということは、体にとって害になるものを外に出したいという現象ですから、我慢して体にとどめてしまってはよけいに体に毒です。

どんなに体に良いものを食べていたとしても、今の体は便秘改善が最優先で、消化吸収にエネルギーをまわすことができませんから、吐きたければ吐き、そして便秘改善のための対策を取るのが最優先課題です。

便秘改善に効果のあるツボアロマオイルを使ったマッサージオリーブオイルを飲むなどの方法もありますが、根本的な改善策としては、食事や体操などで総合的に腸活を行い、便秘解消につとめましょう。

便秘薬はあくまで応急処置!日常使いは控えて!

早急に便秘対策が必要な場合は、一時的に便秘薬を服用することも手段の一つとして考えても良いですが、日常的に便秘薬に頼るのはおすすめしません。

まずは、自然の食品から作られた効き目のゆるやかなサプリメントなどから始めてみるのがおすすめです。


サプリメントは、即効性を求めるならキャンドルブッシュなどのハーブを利用したハーブティーを、少し日数がかかっても良いから腸内環境の根本的な改善を求めるなら、東洋医学の先生もおすすめの発酵熟成サプリメントを、もう少しカジュアルに乳酸菌と食物繊維を摂りたいなら乳酸菌と酵素配合ダイエットサプリなどを選ぶのがおすすめです。

スポンサーリンク

便秘以外の病気の可能性

便秘による吐き気であれば、便秘を改善すれば自然とおさまりますが、便秘以外の深刻な病気の可能性もあるため、注意が必要です。

ストレス性の便秘と吐き気

根本の原因がストレスである場合、便秘を改善しても吐き気がおさまらないこともあります。

ストレスの原因から遠ざかる時間を増やしたり、気持ちの切り替えをしたり、軽い運動をとり入れるなどしてストレスと上手に付き合って行きましょう。

腸閉塞や腹膜炎による吐き気

吐き気の原因が、腸閉塞腹膜炎等の場合、命に関わることもあるため、迅速な対応が必要です。

腸閉塞の患者さんの吐しゃ物(吐いた物)からは、ウンチのニオイがすることがあるため、実際に便が口から出てしまっている可能性もあります。


このような現象が起きるのを、吐糞症(とふんしょう)と言いますが、吐糞症の症状まで出るようになっている場合は、かなり深刻な状態であることが疑われます。


膨満感や腹鳴(お腹がゴロゴロ鳴る音)、腹痛、発熱やふるえなどの症状が出るようであれば、できるだけ速やかに専門医を受診しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする