動脈硬化を予防するアボカドの種の食べ方【世界一受けたい授業】

冬は寒さで血管が収縮し、心筋梗塞や脳梗塞などの原因となる動脈硬化を引き起こしやすい季節です。

2017年1月7日放送の「世界一受けたい授業」では、動脈硬化予防になる食材・アボカドと、アボカドの種の食べ方が紹介されていました!

スポンサーリンク


冬に悪化しやすい動脈硬化を予防する食材・アボカド

動脈硬化対策には、アボカドがおすすめ!

as0723

 
2014年に行われたアメリカ・ペンシルベニア州立大学の研究によって、アボカドを1日一個食べると、動脈硬化のリスクが減少することが分かりました。

これは、アボカドに含まれるオレイン酸が、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らしてくれる効果があるためです。

スポンサーリンク


アボカドは種も食べられる!

アボカドの種には、健康効果の高い栄養素が豊富に含まれています。

これを捨ててしまうのはもったいないことであると、講師の管理栄養士・石川三知先生がアボカドの種入りスムージーの作り方を教えてくださいました。

as0724

アボカドの種入りアボカドスムージーの作り方

アボカドの種を、電子レンジで15秒ほど温めます。

そうすると包丁で切りやすくなるので、温めた種を4分の1にカットし、さらに薄くスライスします。

スライスしたアボカドの種を、1~2分炒って苦みを飛ばします。

ミキサーに下記の材料を入れ、まぜます。

・炒ったアボカドの種(4分の1個分)
・アボカドの実2分の1個分
・バナナ小1本
・リンゴ4分の1個分(皮つきのまま)
・牛乳250ml

 

ナッツのように食べるのもおすすめ!

炒ったアボカドの種はナッツのような食感になるので、スムージー以外にも、スープにトッピングして食べるなどしてもおいしいです。

 
以上でした。

アボカドとアボカドの種を上手に食卓に取り入れ、動脈硬化を予防して、健康に楽しく過ごしましょう!


 
スポンサーリンク

 
肌荒れ・老け顔・イライラ・ポッコリおなか…
腸内環境を改善すれば、あらゆる不調が改善する!?

【小林弘幸先生の便秘改善方法】