にきびに固くて黒い芯が…治らずどんどん大きくなっていくのは何?

最初は小さなおできかニキビだと思っていたら、何やらホクロみたいな黒い点がある…。

そのうち治るだろうと放っておいたら、治るどころかだんだん大きくなってきた…。

それはアテローム(粉瘤=ふんりゅう)かもしれません。


スポンサーリンク


アテローム(粉瘤)とは?

アテロームとは、良性の腫瘍で、本来表面に出ているはずの皮膚が何らかの形で閉じた状態になり、その中に垢や皮脂がたまって盛り上がってしまったもののことを言います。

2069

引用元:http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000285.html

黒い芯のように見えるのは毛穴の出口で、黒い点がはっきり見える場合と、特に何も見えない場合があります。

気になってさわったり押したりしているうちに、乳白色のウミのようなものが出てくることもありますが、これは内部でたまった垢や皮脂のかたまり。

本来新陳代謝によって排出され、洗い流されているはずの物質が長期にわたってとどまっていた物質なので、とんでもなくクサいです。

アテロームができる原因は「外傷によるもの」などと言われていますが、詳しいことはまだよくわかっていません。

スポンサーリンク


アテロームは形成外科で切除してもらう

うちの主人の太ももには以前アテロームがあり、当時それが何なのか全く知らなかったのですが、気になって指でウミを押し出しているうち、いつの間にか消えてなくなっていました。

実はこれは絶対にやってはいけないことだったのだそうです。

無理に手でウミをひねり出したりしていると、細菌感染を起こして重症化してしまうことがあります。

アテロームは放っておいて自然に治るものではないので、専門医に診てもらい、皮膚組織ごと切除してもらうのが正しい治療法です。

私の子供には、生まれた時すでに耳の後ろにアテロームがありました。

生後数か月の頃、ある日突然アテロームがお団子みたいに膨らんできたので、びっくりして病院に連れて行き、中のウミを出してもらいましたが、皮膚組織を切除するためには、ものごとを理解して手術中おとなしくじっとしていられる年齢まで待たなくてはならないとのことだったため、9年待ってやっと切除してもらうことができました。

傷は徐々に目立たなくなって、よく見ると白いスジが傷あととなって残っている程度です。

言われてみないとわからないくらいの、目立たない薄い傷あとではありますが、女の子なので耳の後ろで良かったと思っています。

気づいたら早めの受診を

何もせず放っておいて大きくなってしまったり、無理に潰そうとして細菌感染を起こすと、袋状の組織だけでなく周辺組織にも影響が出てしまうこともあり、切除手術の傷あとも大きくなってしまうことがあります。

最初の受診は皮膚科や整形外科でもOKですが、手術は形成外科になると思います。

最悪の場合は皮膚がんに進行してしまうこともあるそうですので、アテロームかな?と思ったらすぐに専門医に相談しましょう。

何科を受診するか迷うと思いますが、とりあえず皮膚科が適切です。

切除が必要な場合とそうでない場合があるようなので、まずは皮膚科で診てもらってください。

追記:私自身の粉瘤体験

上記までを書いてからかれこれ2か月。

私の耳の下あたりの首に、「謎のおでき」ができました。

直径は2センチくらい。

ポッコリと盛り上がって、さわるとプニプニとやわらかく、痛みはそれほどではないですが何となく違和感があります。

謎のおできの存在に気づいてから2週間ほどたっても消えないので、皮膚科で診てもらいました。

皮膚科のドクターいわく「ちょっと穴を開けて中のウミを出しちゃいましょう。それでおさまればおでき。後日また腫れてくるようなら粉瘤ということで切除が必要になります。

私「えっ。粉瘤とは違うかも知れないのですか?」

ドクター「うーん、(おできとの境目は)はっきりわからないですね」

…ということで、診察台に乗っておできのウミを取り出してもらいました。

ドクター「うわ~、けっこう出てくる!」

出すとこ見たかったですが、耳の下あたりの首なので、自分では見ることができず。

今はまだちょっと腫れています。

このままおさまって、消えていってくれれば良いのですが…。

経過は追ってお知らせしますね!


 
スポンサーリンク

 
肌荒れ・老け顔・イライラ・ポッコリおなか…
腸内環境を改善すれば、あらゆる不調が改善する!?

【小林弘幸先生の便秘改善方法】