冷え性に足湯が良いのは知ってるけど、面倒でできない時は…

冷え性に即効で効果のある足湯が良いとご紹介しましたが、準備や後片付けが面倒でできない!

…と言う人のために、足湯以外で足を温める方法を色々調べましたのでご紹介!

スポンサーリンク



足湯たんぽ

足湯たんぽは、高い断熱力と保温力を持つウェットスーツ用の生地が使われており、長時間お湯の温度をキープします。

2033
出典 通販生活:https://www.cataloghouse.co.jp/tsuhanseikatsu/best100/1104111.html
本体価格:8,889円

足湯たんぽは、バケツなどを使って行う足湯より使用するお湯の量がずっと少なくて済み、扱いやすいのがおすすめポイント。

用事がある時はスッと足を外して歩けるので、気軽に使ったり外したり、また戻したりするのも簡単。

両足タイプもあります。

2075

お湯の量・距離、商品にもよりますが、両足タイプならはいたまま歩くことも可能。

平たい湯たんぽに足用カバーを付けただけの単純設計のものなら、お値段も安くなります。

2035
出典 kahoo plus:https://www.unimed-unihealth.com/?list30=37689
本体価格 4,500円

デザインもかわいいところがおすすめポイントです。

夏は水まくらとしても使えて便利。

スポンサーリンク



お湯を沸かさず足を温める方法

毎日お湯を沸かして、捨てて…というのは面倒!という方は、電気の力を借りましょう。

電気アンカ

コンセントにつなぐだけの電気アンカは、足元を温めるのには、一番楽で簡単なグッズではないかと思っています。

お値段も2000円くらいまでのものが多いので、気軽に変えるのも良いですね。

湯たんぽは「エコ」と言われますが、お湯を温めるためのガスや電気エネルギーを使う点ではそんなに変わらないんじゃないかな?という気もしています。

定番の平型電気アンカ。

2037
出典:楽天市場:https://item.rakuten.co.jp/e-kurashi/xoy01/

置き場所に困らない小型なところが良いですね。

寝る時の足の裏にちょうど良い角度で作られている山型電気アンカ。

2038

冬、湯冷めしかけた子供たちを温めて寝かせるにはこのタイプが便利です。

タイマー付きではないものの場合は自動電源オフになるタイマー電源の併用をおすすめします。

ソフトタイプは平たくて大きめなので、椅子に腰かけていて、足を温めたい時などに重宝します。
2036

私は寝る時ではなく、「体が冷えた~」と思った時用に、このタイプを愛用しています。

ドライヤーで即効チャージ

電気を使う冷え性対策グッズで意外とお手軽・簡単なのがドライヤー。

2031

湯たんぽのようにお湯を温める必要もなく、電気アンカのように電源を入れてから温まるまで待つ必要もなく、今すぐ足を温めたい!と思った時に即効で使えます。

ドライヤーは電気代がかかるイメージがありますが、短時間ですぐ温まるので、トータルの電気代は、実はそれほど高くありません。

自宅で足湯をしたいけれど、お湯の準備と片付けが嫌!
…という方、ぜひ試してみてくださいね。

内臓冷え性が引き起こす意外と深刻な病気…早めに対策と改善を

冷え性に即効性あり!【自宅で足湯】の温度と時間・簡単な方法

冷え性改善に効果のあるアロマオイルのブレンドレシピ


 
スポンサーリンク