粘液混じりの血便・腹痛に発熱…頻繁にトイレに通う潰瘍性大腸炎とは

血液や粘液が混じった便が出て、お腹が痛いし熱っぽい…。

青年期に多くみられる潰瘍性大腸炎とは…?

スポンサーリンク

潰瘍性大腸炎とは

2170

潰瘍性大腸炎は、大腸粘膜が炎症をおこし、びらん(ただれ)や潰瘍ができる病気です。

青年期~30代に多くみられますが、50代~60代の人に見られることもあります。

一度良くなったようにみえても、数か月から数年後に再発を繰り返すことが多いのが特徴です。

原因はわかっていませんが、なんらかの免疫異常に関連しているのではないかと考えられており、また、遺伝的要素や食生活などの関連性も指摘されています。

現在は、厚生労働省特定疾患(原因不明の難病)に指定されています。

潰瘍性大腸炎の症状は?

まず、粘血便(ねんけつべん・血液や粘液が混じった便)が出ることから始まります。

症状が軽い場合は、それに加えて排便回数が少し増える程度でおさまりますが、悪化すると下痢腹痛発熱貧血などを伴います。

また、頻繁に便意をもよおすにもかかわらず、実際は便が出づらくなるしぶり便になることもあります。

スポンサーリンク

潰瘍性大腸炎の経過

潰瘍性大腸炎の経過は、一定期間をおいて、悪化と改善を繰り返すタイプ、症状がダラダラと長引くタイプ、急激に悪化するタイプなど、さまざまです。

悪化すると、大腸が肥大したり、急性腹膜炎を起こしたり、大腸が破れて大出血を起こしたりすることがあります。

重症の場合は入院や手術が必要な場合もあります。

治療中は、ストレスや食事(脂っこいもの、乳製品)、刺激物(コーヒー、アルコール、香辛料)などで悪化してしまうこともあるので、できるだけリラックスし、消化が良く、高たんぱくで栄養バランスの整った食事を食べるようにしましょう。

もともと、日本人には少ないと考えられていた病気ですから、食生活の欧米化も、何らかのかたちで起因している可能性があります。

長い年月をかけて和食に適応してきた私たちは、素朴な和食に立ち返るのが一番の健康法と言えるのかもしれません。

ただし、素朴=質素ということではありませんので、たんぱく質などのバランスも考えて、栄養価の高い食事を心がけましょう。

潰瘍性大腸炎の治療に便移植が効果あり!?

潰瘍性大腸炎の治療方法として注目されているのが、健康な人の腸内細菌を移植して腸内環境を改善する便移植です。

便、つまりウンチの3分の1は腸内細菌で構成されています。

潰瘍性大腸炎患者の腸内細菌は、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れています。

健康で腸内環境が整っている人の持つ腸内細菌を、潰瘍性大腸炎患者の腸に移植することで、症状が改善するという症例が数多くみられます。

便移植手術は、開腹手術のように体に負担がかかるものではないため、日帰り手術が可能な治療方法です。

潰瘍性大腸炎で長年苦しんでいる方は、専門医に一度相談してみましょう。

急激な腹痛とともに血便が…!若い女性も危ない虚血性大腸炎とは?

ストレス性で下痢や便秘を繰り返す【過敏性腸症候群】の予防法

熱や吐き気のない急性下痢は、食中毒が原因とは限らない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする