急激な腹痛とともに血便が…!若い女性も危ない虚血性大腸炎とは?

突然の、しかも激しいお腹の痛みに襲われ、さらにトイレで血便が…!!

下痢を伴うことも多いその症状は、虚血性大腸炎かもしれません。

近年では若い女性にも増えているという、虚血性大腸炎とは、どんな病気なのでしょうか。

スポンサーリンク

虚血性大腸炎はどんな病気?その症状は?

2169

虚血性大腸炎とは、大腸の血管の血流が悪くなり、必要とされる酸素や栄養分などが不足することによって、腸粘膜が虚血となり、炎症性変化や潰瘍、浮腫などを起こしてしまう病気です。

特徴的な症状は、急激な強い腹痛、血便や下血などで、下痢を伴うこともあります。

さらに、吐き気やおう吐、発熱を伴うことも。

下血がある場合は、真っ赤な鮮血です。

中高年以上で下血を伴う腹痛があるときは、まずこの病気が疑われます。

スポンサーリンク

虚血性大腸炎の原因は?

上述の通り、大腸を流れる血管の血流が悪くなることが直接の原因ですが、血流が悪くなる原因は動脈硬化によるもので、もともと高齢者に多い病気です。

これに便秘による血管内圧の上昇が加わって発病することもあるため、便秘に悩む若い女性が罹患するケースもあります。

その他、糖尿病や膠原病、血管炎などを患っている場合にも、合併症として発症することがあります。

一部の重症タイプを除き、安静にすることで治っていく

虚血性大腸炎は、壊疽型(えそがた)、狭窄型(きょうさくがた)、一過性型の3タイプに分類されます。

壊疽型を除き、投薬治療や点滴治療などを受けて安静にすることで、1~2週間程度で回復していきます。

壊疽型の虚血性大腸炎が起こることはまれですが、他の2タイプより痛みが強い上に持続し、わずか数日で穿孔※や腹膜炎に進行していってしまうため、早急に消化器外科(または消化器内科)を受診する必要があります。

※穿孔(せんこう)=腸壁が破れて穴が開くこと

症状によっては手術が必要になることもあります。

虚血性大腸炎を予防するには

再発することは少ないと言われる虚血性大腸炎ですが、罹患歴のある人や傾向のある人は、生活習慣を見直し、予防していきましょう。

□ 食事や運動習慣を見直し、肥満を改善する
□ 糖分や脂っこい食事を避ける
□ 塩分を控えめにする
□ お酒を飲み過ぎない
□ 野菜や海藻類を多くとる
□ 喫煙は血管を収縮させるので、控えめにする

以上です。

日ごろから食生活に留意し、よく体を動かす習慣をつけていれば恐い病気ではありませんが、異常を感じたらすぐに専門医を受診し、適切な処置をしてもらいましょう。

イカの刺身を食べたらお腹に激痛が…!胃アニサキス症の治療は?

ピロリ菌がいない方が危険?胸やけ・胃が重いのは逆流性食道炎かも

ピロリ菌の感染源と治療方法、胃炎や胃がん・胃潰瘍との関係性

お腹のチクチクする痛み…胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因と症状は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする