梅雨の時期は注意!天気が病気や体調不良を引き起こす【気象病】

梅雨の時期や雨の日はなんとなく体の調子が悪い。

朝起きるのがつらく、体が重く感じる…。

それらの症状は、低気圧によって引き起こされる病気かもしれません。

※当記事は、2016年5月31日放送『林修の今でしょ!講座』(講師:愛知医科大学医学部客員教授 佐藤純先生)を参考にしています。

スポンサーリンク

天気が悪いと不調を感じるのは科学的・医学的根拠がある!

『体調が天候に左右される』というのは、医学的に根拠があることなのです。

日本ではまだあまり知られていませんが、海外では100年以上も前から、気象と健康の関係についての研究がすすめられています。


天気が悪い時、つまり、気圧が低い時(低気圧の時)、体調を崩しやすいのは、医学的に説明するとどういうことなのでしょうか。

気圧とは

気圧とは、その名の通り空気の重さのことを言います。

高気圧とは、空気の量が多く、重い状態です。

これに対し、空気の量が少ない山などでは、空気が軽くなります。これが低気圧の状態。

as0027

山の上にポテトチップスなどのお菓子の袋を持って行くと、中の空気が膨らんで、パンパンになっていた…という経験はありませんか?

低気圧になると、体の細胞にも同じようなことが起こり、それがあらゆる不調の元になっているのです。

そして、6月は1年で最も気圧が低い日が続く時期。

梅雨の時期に体調を崩しがちになってしまうのは、自然のことだったのですね。

低気圧によって起こる病気には、どんなものがある?

天気が悪い日に起きやすい病気や体調不良ワースト5は、以下の通りです。

第1位:心臓発作
第2位:脳卒中
第3位:肺塞栓症
第4位:肩こり・腰痛・関節痛
第5位:片頭痛

第1位・心臓発作の原因と対処法

低気圧で心臓発作を起こしやすくなる理由

心筋梗塞や狭心症などから起こる突発的な発作の総称を、心臓発作と呼びます。

心臓のまわりにある冠動脈がけいれんして狭くなったり、血栓によって塞がれてしまう状態で起こります。

気圧が変わり、低気圧になると、血管が膨張し、血流が急増します。

血流が急激に増えれば、心臓への負担も大きくなり、発作等を起こしやすくなってしまうのです。

低気圧で心臓発作を起こさないための対処法

心臓発作予防には、以下の栄養素が有効です。

・ラクトトリペプチド
 (発酵食品類)
・魚肉ペプチド
 (魚類)
・オメガ3系脂肪酸
 (青魚、アマニ油、えごま油など)

ラクトトリペプチド、魚肉ペプチドには、血圧を上げる成分の働きを妨げる効果が期待できます。

オメガ3系脂肪酸には、血中の中性脂肪を減少させ、血流を改善する効果が期待できます。


これらの栄養素が効率的にとれるメニューとしては、『イワシのなめろう』がおすすめです。

第2位・脳卒中の原因と対処法

低気圧で脳卒中になる理由

冬に多いイメージのある脳卒中ですが、梅雨の時期・低気圧の時期にもリスクが高くなる病気です。

心筋梗塞と同様、脳の血管に流れる血液の量が変化することで起きやすくなります。

血管が膨張して血流量が増えることで、破裂・損傷等を起こしやすくなってしまうのです。


気圧が10hPa以上変化すると、くも膜下出血の発症リスクが増えるという研究データもあります。


高齢者の方、血管に疾患をお持ちの方は、梅雨の時期には特に注意が必要です。

低気圧で脳卒中を引き起こさないための対

日頃から塩分の少ない食事を心がけましょう。

塩の代わりに酢を使った調理方法を増やしていきましょう。

第3位・肺塞栓症の原因と対処法

肺塞栓症(はいそくせんしょう)とは、あまり聞きなれない病名のようですが、エコノミークラス症候群とよく似た症状が出る病気です。

肺塞栓症も、エコノミークラス症候群と同じ血栓の病気。

血のかたまりが血管に詰まってしまい、不具合を引き起こす病気の一種ですが、詰まる場所が悪ければ深刻な状態を招くこともあります。

座ったままなど、同じ姿勢をとり続けることでできやすくなる血栓ですが、低気圧だとさらにできやすくなるので注意が必要です。

低気圧だと血栓ができやすくなる理由

低気圧では、細胞だけでなく体全体の組織がむくみます。

組織全体がむくんでくることにより、筋肉のポンプ機能が低下し、血流が滞ってしまうことで血栓ができてしまうのです。

日ごろから運動不足を自覚している方、肝臓・腎臓に疾患がある方、糖尿病などの持病をお持ちの方は特に要注意。

肺塞栓症にならないための対処方法

血栓ができて肺塞栓症にならないためには、足の血行を良くしておくことが大切です。


運動不足だな、むくんできたなと感じたら、足の指を閉じたり開いたりする『足指グーパー運動』をしましょう。

足の指をギュッと閉じたり開いたりするだけの簡単な運動です。

厚生労働省がエコノミークラス症候群の対策として推奨しているものなので、飛行機に乗った時や、長時間車で移動するときなどにもおすすめです。

1日10回x3セットで効果が期待できるそうですよ!

第4位・肩こり・腰痛・関節痛の原因と対処法

低気圧で体の痛みはなぜ起こる?

気圧が下がると、耳が気圧の変化を感知します。

耳の中(内耳)には、前庭と呼ばれる器官があり、これが気圧を感知しているのではないかと考えられています。

低気圧になると、耳の中の蝸牛(かぎゅう)にあるリンパ液が揺れ、『体が揺れている』という信号が脳に伝わります。

しかし実際には体自体が揺れているわけではなく、目から入ってくる資格情報には『揺れ』は認識されません。


これらの、脳に伝わる情報にギャップが起こり、自律神経が混乱・興奮してしまうことで痛みが生まれると考えられます。


具体的には、自律神経は痛みをつかさどる痛覚神経と近い位置にあり、自律神経が興奮して騒ぐと、痛覚神経にまで刺激が伝わってしまうことがあり、これが痛みの原因になる、という事です。

低気圧による肩こり・腰痛・関節痛の予防・対処法

佐藤純先生が気圧の変動による肩こり・腰痛・関節痛におすすめされているのは『酔い止めバンド』です。

as0031

リストバンドに丸いポチ(突起)がついていて、これが手首のツボを刺激することで、不調を予防する効果が期待できる、というものです。

ツボの位置は、手首の、親指の付け根から少し下がったあたりにある、内関(ないかん)というツボです。

押すとちょっと痛みがあるのでわかると思います。

as0028

もともとは乗り物酔い予防や、つわり対策のための商品です。

酔い止め用トラベルバンド

第5位・片頭痛の原因と予防法

片頭痛はなぜ起こる?

標準気圧1013hPa(ヘクトパスカル、=1気圧)から、6~10hPa下がると、片頭痛持ちの方は症状が出やすくなると言われています。

低気圧になると、山の上のポテトチップスの袋と同様、頭の中の血管も膨張し、太くなります。

拡張した血管が神経を圧迫し、片頭痛の原因になっているのです。

片頭痛の予防方法

片頭痛には、マグネシウムとビタミンB2が、予防効果があります。

マグネシウムは、神経伝達物質の形成を促し、抗ストレスホルモンの作用を高め、神経の興奮を抑えて安定化させる働きがあり、頭痛を抑える効果が期待できます。


ビタミンB2には、片頭痛の発生を抑えるセロトニンの放出を促す効果があると期待されています。

マグネシウムとビタミンB2が効果的にとれる料理

マグネシウムとビタミンB2が同時に、効果的にとれるという事で、佐藤純先生がおすすめの料理は

ピーナツ入りレバニラです。

その名の通り、レバニラ炒めにピーナツを入れたもの。


予防なので、痛み始める前に食べた方が良いようです。


その他の片頭痛対策としては、強い光を浴びるのを避け、部屋を暗くして、頭を冷やすこと

刺激を避け、頭を冷やすことで、血管の膨張をおさえ、炎症をしずめる効果が期待できます。


あまりにひどい頭痛が続く場合は、専門医に相談しましょう。

もう頭痛薬に頼らない!サプリメントで頭痛対策



どの病気も、低気圧によってもともと持っている持病や気になっていた部分が悪化してしまうものなので、日頃から気になっている症状があれば、専門医に相談し、対処しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする